外壁の防水工事は本当に必要性があるの | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年03月14日
外壁の防水工事は本当に必要性があるの

見た目ではわからないが外壁はダメージを受けている

 外壁を見たときに、何も異常がないとそのままで良いと感じる方がいますが、外壁は常にダメージを受けている状態だとご存じですか。


 外壁は暑さや雨、風に常にさらされている状態であり、見た目に変化がなくても傷が付いていたり、塗装の防水コーティングが徐々になくなっていたりします。


 外壁塗装の塗り替えの目安としては10年だと言われています。これを目安にして、外壁のリフォームやメンテナンスを行うのが適正な時期だと言われています。


 見た目ではわからないことが多いのですが、外壁は多くのダメージを受けているので、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう。

 

外壁のメンテナンスを行わないとどうなる

 外壁のメンテナンスを行わないとどなるのでしょうか。まず、防水機能がなくなることで、住宅が雨漏りしてしまう可能性があります。


 防水機能がなくなることで住宅の外壁に艶かがなくなり、水をだんだんと弾くことができなくなっていったことでカビや藻などが生えやすい状態が作られます。


このカビが根まで浸透してしまうと、完全な除去が難しくなってしまいます。他にも外壁に亀裂が入ったりしていると、そこからも雨などが入り込んでしまい、内部まで浸透してしまうと大がかりな修繕が必要になる可能性もあります。


 雨などの水分は住宅の根幹を劣化させてしまうため、外壁の定期的な防水工事やメンテナンスをしっかりと行っておくことが重要となります。


 定期的な防水工事を行うことで、住宅の寿命を延ばすことができます。

 

防水工事はどんな工法があるの

 外壁の防水工事は工法が幾つかあります。

 

 補修時に良く選ばれている「ウレタン防水」は耐久年数が約10~13年、「塩ビシート防水」は約12~15年、繊維強化プラスチックで防水する「FRP防水」は約10~15年、新築の防水工事などに使われる「アスファルト防水」は約12~20年です。


 外壁の種類や工法によって金額や適正な工法が異なってきます。


 何を選んだら良いのかわからない方は是非「サンリツホーム」にご相談ください。住宅に最適なご提案をさせていただきます。リフォームのことなら外壁以外のことでも構いません!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117