窓のリフォームすれば冷暖房の効率が大幅にアップ | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年03月28日
窓のリフォームすれば冷暖房の効率が大幅にアップ

 窓は景色を見たり、換気をしたりするところというイメージが強いせいか、なかなか「窓をリフォーム」しようと考える方は余り多くないようです。


 しかし、「窓をリフォーム」することによって、部屋の快適性が上がり、しかも光熱費の減少にもつながることをご存知でしょうか?


 今回はそんな冷暖房の効率を大幅にアップさせる「窓のリフォーム」についてご紹介します。

 

窓が部屋の快適性を奪う

 寒い冬や暑い夏は、部屋の中も同じように気温が上がったり下がったりするため、調整が難しくなります。


 例えばエアコンで冷房・暖房を付けているのに、なぜか涼しくならない、暖かくならないという状況になったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

 その原因として挙げられるのが、「窓」です。


 窓というのは外気が最も部屋の中に入りやすい部分として知られています。


 冬に部屋から熱を外へ放出してしまう割合は、換気口や外壁、屋根、床などは大体5~20%弱なのに対し、窓はおよそ50%もの熱が外側へ放出されてしまいます。


 また、逆に夏になると熱が入ってきてしまうのですが、家全体のおよそ70%は窓から入ってきた熱と言われているのです。


 ですから、冷暖房を備えていても、窓のせいでなかなか涼しくならない、暖かくならない部屋になってしまうと考えられます。

 

窓のリフォームを行うことで快適性がアップ

 こうした窓の問題を解決するためには、窓を断熱性・遮熱性の高いものに変えることで解決できます。


 断熱性・遮熱性の窓にすることで、冬は家の中の熱を放出しにくく、夏はその熱を取り入れにくくするため、家の中の快適性をアップさせることができます。


 このように快適性につながれば、冷暖房の効率もグッとアップし、光熱費の削減も見込めるのです。どんな冷暖房を使っているか、部屋の状況などによってどれくらい削減できるのかは異なりますが、多くの家庭で光熱費のダウンが期待できるでしょう。


 また、快適性だけではなく、結露を防いだり、窓の構造上一枚ガラスではなくなったりすることによって、防音・防犯面でもメリットが挙げられるのです。


 窓のリフォームを今まで検討されてこなかった方でもし興味が出てきた、分からないことがあるという方は、是非名古屋市を中心に周辺地域においてリフォームを実施しております、「サンリツホーム」にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117