介護リフォームを考えている人は必見! 失敗しないための基礎知識 | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年05月30日
介護リフォームを考えている人は必見! 失敗しないための基礎知識

 介護される人が安心して快適に生活できるように住居をバリアフリー化する「介護リフォーム」を採用する家庭が近年増えてきました。今回は介護リフォームの際に役立つ基礎知識をご紹介していきましょう。

 

安全面が充実している介護リフォームとは

 介護リフォームで重要視するべき点は、第一に事故を防げるかどうかということです。安全性の高い住居にするためには、手すりの設置や扉を引き戸に変える、段差をなくすなどが挙げられます。


 一般的な玄関には段差がありますが、車いすを利用している人や足腰の弱い高齢者にとっては不便と言えます。介護リフォームによりこの段差をなくしフラットな状態にすることで、外出を控えていた要介護者の活動の幅も広がることでしょう。


 次はトイレの場合です。施設に設置されているような障害者用トイレが理想的で、便座は洋式にし、使いやすいL字の手すりの取付け、介助者も一緒に入れるような広い空間の確保がポイントとなります。


 安全面で特に心配なのは高齢者の事故が多いと言われている浴室です。玄関やトイレと同様に段差をなくしたり手すりをつけるのはもちろん、高くてまたぎにくい浴槽を低めに設定したり床を滑りにくくすることがおすすめです。

 

介護保険適用の条件と助成について

 介護リフォームをする際は、介護保険の適用を受けることでかかる費用の負担することができます。ではどういった条件をクリアすればよいのでしょうか。


 まずは「要支援」あるいは「要介護」の認定を受けていることが第一条件となります。そして、リフォームの内容が介護保険給付の対象であることが重要です。


 また助成を受ける場合は担当のケアマネジャーと相談をし、作成してもらった書類を提出して事前申請が必要となるので忘れずに依頼をしましょう。介護保険で助成が受けられる限度額は20万円ですが、自己負担はそのうちの1割程度なのでぜひとも活用したいシステムと言えます。

 

毎日過ごす家で安心して暮らしていくために

 家族のため、そして自分の将来のために介護リフォームは現代では非常に需要の高いものとなってきています。そんな介護用のリフォームは、住まいのバリアフリー化などの専門知識が豊富なリフォーム会社に相談するのが安心でしょう。


 名古屋市を中心にリフォーム工事を展開しているサンリツホームでは、介護リフォームの依頼も喜んでお受けしています。まずはお気軽にお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117