安心して住むためには耐震対策は非常に大切です | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年07月10日
安心して住むためには耐震対策は非常に大切です

 日本は地震国であるため、いつ大きな地震がきてもおかしくありません。防災グッズを常備しておくことは多くの家庭で取り入れられていますが、家の耐震性について対策を行っている家庭は少ないものです。


 いざという時被害を広げないために耐震対策は重要ですが、一体何から始めればよいのでしょうか。

 

 

家の耐震診断を調べてもらう

 耐震性能は家の構造や作りによって大きく違ってきます。どんな家でもこれを行っていれば絶対安心という魔法のような耐震工事はありません。


 そこで耐震対策の工事を始める前に、住まいのどこに問題があるか、どんな処置が必要になるかの診断する必要があります。建築図面を照らし合わせながら、目視による調査で耐震性能を推測していきますが、一般的な戸建てであれば調査費用が必要になるでしょう。


 この耐震診断は、各地域の市町村によって助成制度を設置しているところもあるので住まい近所の市町村窓口に問い合わせてみましょう。

 

 

基礎の補強で耐震対策を行う

 1981年以前の住宅は、建築基準法がまだ改正されていなかったためほとんどの基礎に鉄筋が入っていません。そのため劣化やひび割れができやすく、地震などの揺れでしっかり支える力がなく危険度の高い住宅となっています。


 耐震結果によって基礎部分に問題があれば基礎の補強を行うリフォームをする必要があります。基礎コンクリートの外側を一部取り除き、鉄筋入りのコンクリートを増設していく施工方法で、敷地内の地盤を掘削する必要性も出てくるでしょう。


 また、建物周辺の地盤がコンクリートやタイル仕上げの場合は、解体や復旧工事の費用が別途発生します。

 

 

耐震工事のタイミングでリフォームを

 住まいの柱や筋交いなどの構造部に腐食や傷があった場合は、新しい部材と交換する必要があります。同時に床や壁などを撤去しなければ部品交換できない場合もあるので、耐震対策工事では、他のリフォームと併せて実施した方が無駄になりません。


 壁の張り替え、床の補修、フローリング工事などそれぞれの補修工事も見積りに盛り込んでもらいましょう。耐震対策の工事は大がかりな工事になる可能性が高いので、他のリフォームと一緒に施工してもらった方が経済的効果も期待できます。


 ただ、リフォーム工事は新築と違い、一度壊す作業や廃棄物を処分する費用も発生するので注意してください。

 

 名古屋市でリフォームなどを扱うサンリツホームでは、詳しい工事費用も事前にしっかりお伝えするので、追加工事や費用を心配する必要がありません。


 もちろん、見積りだけでなくリフォーム全体に関わることについて、いつでもお気軽にご相談ください!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117