リフォームで他社の見積りと比較する場合のポイントはどこですか? | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年08月10日
リフォームで他社の見積りと比較する場合のポイントはどこですか?

 リフォームの依頼先を決めるには、複数の業者から見積りをとって比較すると費用の相場が分ってきます。相見積りをする際には、基本的なマナーや注意点があるのでここで参考にしてみてください。

 

 

一式見積りは他社と比較しにくい

 一式見積りは、工事内容が細かく書かれていないため大まかな項目として一式の金額が表示されています。明細の分からない見積りはシンプルで分かりやすいのですが、他社と比較することができません。


 小規模な会社は昔からの流れで「一式見積り」を提示してくる場合が多いようです。また、現場調査も終わっていない段階で費用の目安をお客様に把握してもらうために「概算見積り」を提出する会社もあります。


 「一式でこれくらいになります」という出し方になるケースもあるでしょう。この見積りの出し方が悪い訳ではありませんが、明細を聞いてどのように対応してもらえるか確認することが大切です。

 

 

見積りに値引きが書いてある

 見積りに「定価より○○%引き」と記載してある場合は、値引きしていることをアピールするためのものかもしれません。その分、工事費に上乗せしていることがあるかもしれないので要注意です。


 その他にも、解体工事費や廃棄物処理がサービスになっている場合も同様のことが言えます。法律で廃棄物処理費用は施主が負担するものと決められているからです。

 

 

高すぎたり安すぎたりする見積りは要注意

 他社の見積りと比較してみて明らかに安すぎる見積りだった場合は、具体的になぜこの金額になるのか質問してみましょう。説明してもらった内容が納得できれば問題ありませんが、高い見積りの場合には最初から値引き要請を上乗せしている可能性があります。


 そして、値引きをした途端に大幅な値下げをする会社は信頼できません。適正な価格で見積りを出しているのであれば、一気に値下げすることはできないはずです。ですから「これが精一杯の値引きなのでご了承ください」と頭を下げられたときは、誠意ある対応と受け取ってあげましょう。

 

 必要以上に値引き交渉をすると、見えない部分で低品質なものを使ったり、経験が浅い職人を使わざるを得なくなったりしてしまいます。値引きをするなという訳ではありませんが、相手の対応によってはしつこく強要しないよう注意しましょう。


 名古屋市にあるサンリツホームでは、「価格の安さだけで比較しない」ということを大切にお客様とのやりとりを行っています。


 工事費用に関してもしっかり見積りに記載していますが、気になったことや不安に思うことなどがあった際は、どんなことでもお問い合わせください。

 

 住宅リフォーム・外壁塗装のご相談は、サンリツホーム0120-185-161にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117