介護リフォームで押さえておきたいポイントとは? | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年09月05日
介護リフォームで押さえておきたいポイントとは?

 高齢者がいるご家庭の場合、在宅介護に合わせてバリアフリーの住宅へリフォームされる方もたくさんみられます。介護リフォームではどんなことを押さえておけば良いのでしょうか。

 

 ここでは介護リフォームのポイントをご紹介します。

 

家庭に適したリフォームを決める

 家のつくりや介護プラン、介護者や介助者の体格や力量もそれぞれです。なので、介護リフォームではそのご家庭にぴったりなリフォーム内容にすることがポイントとなります。


 例えば、歩行に介助が必要な方や車椅子を使う場合は段差をなくす改修が必要です。一人で歩ける人も転倒に備え、廊下や階段、浴室、玄関などの手すりを設けましょう。開きやすいドアに変えるのであれば、開き扉よりも引き戸の方が適しています。


 設備だけではなく、転倒防止として滑りにくい素材の建材を使用し、日が当たりにくい場所や夜の歩行を考えて階段や廊下に足元を照らす照明を設けるといった工夫も必要でしょう。どの設備が必要なのか現状から考え、そして未来を見通した内容でリフォームをしましょう。

間取りの変更やヒートショック対策

 介助者の寝室が2階にある場合、介護者の状態によっては1階へ私室を移動する必要があります。既存の間取りによっては大きく変えなくてはならないリフォームや部屋の増築が必要となるでしょう。


 トイレなど水回りも近くにあると便利なので、水道管の位置関係を配慮して間取りを考えてください。また、高齢者はヒートショックによる死亡率も高いので、ヒートショック対策も必要です。


 これは温かいところから寒いところへ移動したり、服を脱いだりすると急激な温度差で血管が収縮を起こし、心筋梗塞や脳出血を起こしてしまいます。断熱や気密性についても検討する必要があるでしょう。

 

介護リフォームの相談も受け付けています

 名古屋で介護リフォームを検討されている方は、サンリツホームで相談してみませんか?サンリツホームでは、それぞれのご家庭に適したリフォームプランを一緒に考えさせていただきます。


 リフォームの専門家として、間取りや素材などの特長などをしっかりアドバイスいたします。介護リフォームに関する補助金制度の利用にも配慮させていただくので、安心して介護リフォームをお任せください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117