なぜ、外壁塗装は必要なのか? | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年09月13日
なぜ、外壁塗装は必要なのか?

 新築を立てて10年くらい経過すると、色が剥げてきたり、目地が剥がれてきたりしてしまうなど至るところが気になってくるものです。


 外壁塗装は、外観が奇麗になり見た目をよくするための目的もありますが、本来は建物の寿命を延ばすことが目的だということをご存知でしょうか?


 今回は、外壁塗装の必要性について解説していきます。

美観性や外観を長持ちさせるため

 外壁は、太陽の紫外線や雨風による影響で汚れが出てきたり色あせが生じてきたりします。新築当初はピカピカの外観でも、経年によって傷んでくることは避けられません。


外壁の塗膜が劣化していくと同時に防水性も失われてきます。そうなると外壁自体に雨水や湿気が吸収し傷んできてしまうのです。


 湿気を帯びた外壁は、乾いたりを繰り返すことで少しずつゆがみが発生してきます。ゆがんだせいで外壁の動きが大きくなると、壁に小さなクラックが発生し、サイディングであれば亀裂が入ってしまうでしょう。


 このように劣化が進んでしまうと、塗り替えだけでなく外壁自体張り替える必要性が出てきてしまいます。

 

水が侵入すると建物の内部まで劣化する

 外壁内にある防水シートは、いつまでも防水効果があるわけではありません。年数がてば必ず劣化していくものなのです。


 ですから防水シートまで雨水が入ってしまうと、内部の木やコンクリートまで劣化させてしまいます。外壁にできた傷から雨水が侵入してしまった場合は、結露や湿気が伴い防水シートの内側にある建物の内部まで腐食させてしまうことになります。


 この段階で何も対処しないと、家の土台部分や基礎部分にまで影響を及ぼすことになるでしょう。
当然湿気や雨水がなくても劣化してしまうものですが、劣化スピードを速めてしまうことは間違いありません。


 このまま放置しておくと、住むことができない危険なレベルにまで到達してしまう可能性があります。

 

築年数7~10年が外壁塗装の目安

 外壁にひび割れが出てきた、藻やコケが生えてきている、塗装した表面が膨らんでいる、塗装が剥がれてきているなどの症状が見られた場合は、外壁塗装を行うタイミングと判断してよいでしょう。


 外壁塗装の寿命は永久ではないので、問題が発生する前に対応すれば建物を長く保護することができます。サンリツホームでは、外装劣化調査診断士により今現在の外壁がどのくらいの劣化状態にあるのか診断し、その結果に基づいて最適な工法・塗料を提案しています。


 施工価格や塗料性能など納得のいく見積りを複数用意するので、ご希望の外壁塗装が見つかりやすいでしょう。塗装会社選びでお困りの方は、ぜひ一度サンリツホームまでご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117