世はリフォーム・ブーム?でもトラブルに気をつけて | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2016年11月07日
世はリフォーム・ブーム?でもトラブルに気をつけて

良いリフォーム業者かどうか見極めよう

 最近は、戸建てやマンションの購入を検討するのに、新築ではなく空き家や中古物件に手入れをして、好みのスタイルにする「リノベーション」が増えています。単純に、外壁の塗り替えやキッチン、トイレなど水回りを補修するリフォームと比べて、間取りをガラリと変更するなど大掛かりな改装工事です。

 

 空き家の活用や、宿泊施設の不足で「民泊」を後押しする政府の対策、また通常のリフォーム件数も確実に増えていることもあり、建築業界へ新しい業者が次々に参入してきています。初めて耳にする企業が、オシャレなインテリアやスタイリッシュな空間を演出し、一定の需要を得ているようです。

 

 活況を呈しているリフォーム業界ですが、トラブルが増えているという問題があります。実は、代金が1,500万円に満たない工事では、許認可が不要なのです。法的なハードルが低いこともあって、その道一筋の工務店に限らず、まったく専門ではないという輩も存在しています。リフォームをどこの業者に依頼するかは重要なポイントとなるのです。

 

よくある種類のリフォーム・トラブルとは?

 新築の住宅には、「10年保証」をつけるといった法律に基づく公的な制度があります。対してリフォームは、先に述べた許認可と同様に、そこまで厳密な保証が義務づけられていないのです。トラブルが発生しても、責任を追求されない逃げ道がある。それが、素人肌の業者でも容易に参入したがる理由のひとつといえます。

 

 よくあるリフォームのトラブルは、「あらかじめ提示されていた金額より費用がかかった」、「補修したはずなのに数年後にまた不具合が出た」、「明らかに手抜き工事をされてしまった」、「依頼していたことが実施されなかった」などなど…。

 

 またリフォーム期間中に、ご近所への気配りが足りず、騒音や異臭で文句を言われる、路上駐車をして迷惑をかける、よそのお宅の門や建物にキズをつける、といったこともあります。人員の配置や、タイムスケジュールなど細かいことまで配慮し、きちんと管理する能力が問われます。

 

信頼できるリフォーム業者を見つけよう

 マンションの基礎工事で、杭打ちデータの偽装が発覚するという事件がありました。住人の方々は、さぞかしショックだったと思うのですが、専門分野のことを素人が見抜くことは不可能です。

 

 信頼に値するのか判断するにも限度があります。しかしリフォーム業者を選ぶ時に、依頼者側の目線でできることはあります。まず、複数の業者に対して見積もりをお願いします。金額もそうですが、項目のそれぞれについて説明を求めることが大事です。おおざっぱだったり、やたらと安価だったり、逆に高すぎたり、おかしいなと思うことは、遠慮せずに追求しましょう。

 

 その業者は、どれくらい実績があるのか、建築関係の必要な資格を保有した社員がいるか、実際に相対してみて印象は悪くないか、打ち合わせの約束や時間は守るか、もらった名刺の所在地に間違いなく会社はあるか、電話は通じるか、電話応対の態度はどうか、口コミはどうなのか…。業者に関する情報も、できる限り揃えます。

 

 例えばマンションであれば「管理規約」の内容から、手直しできる事柄が決まっています。戸建てであれば、築年数が古いほど安全性を重視するため、耐震基準を満たす補強工事も要るでしょう。業者が、そのような基本的なことを心得ているのか判断するためには、自身がある程度の知識を持つ必要があるのです。まず、リフォームしてもらいたい内容や必要な補修などを具体的に洗い出してから、業者に相談するのがよいでしょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117