助成金制度で賢くリフォーム | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2016年11月15日
助成金制度で賢くリフォーム

 住宅での補助金や現在などは住宅購入だけではなく、リフォームにも適用したものがあることはご存じですか?受けられる助成金はリフォームの種類や内容、他にも国や自治体などで様々あります。


 賢く、そしてお得にリフォームをするためにも、リフォームの助成金についてご紹介します。

 

■バリアフリーリフォームで使える助成金

 要支援や要介護と認定された場合、住宅をバリアフリーにリフォームしなくてはいけないことがあります。このようにバリアフリーリフォームをする場合は、国や自治体からの補助支援を受けることが可能です。


 内容は様々ですが、国の場合は公的保険制度によって住む人の家がバリアフリーへリフォームの対象となった場合、リフォーム費用が20万円まで、その9割(最大18万円)を補助する制度があります。


 しかし、補助の対象となる工事内容は事前に決まっており、さらに手続きも必要なので、リフォームをする場合やリフォーム会社や介護支援専門員へ相談をして計画を立てるのが望ましいです。


 自治体では介護保険の支援と合わせてリフォーム助成金を使うことができるので、条件や金額を事前に問い合わせておきましょう。


■耐震や省エネリフォームにも対象

 近年高まりつつあるのが耐震対策や、太陽電池などでの省エネリフォームです。これらのリフォームの助成金制度も国や自治体などで導入されています。


 対象となるのは断熱改修工事や、省エネに有効な給湯機器、LED照明、ソーラーパネルの設置などの工事になります。条件などは各自治体によって様々ですが、工事費の割合から5万円から20万円前後を上限に補助金を得ることが可能です。


 また、耐震診断や補強の工事も国や自治体で行われますが、予算規模は年度ごとに変わってしまいます。さらに、予算枠で満員になると募集期間でも補助金を得られなくなるので、つねに最新情報を入手することが大切です。


■リフォーム減税も活用しよう

 バリアフリーや耐震、省エネでのリフォームでは、所得税の控除や固定資産税の軽減などの支援も積極的に行われています。減税はお金が掛かるリフォームをお得にできる手段なので、ぜひ活用しましょう。


 申し込みには確定申告や書類提出での申告が条件となっています。また、助成金を使わず自己資金やローンを使用した場合でも、税金の負担を軽くすることも可能です。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117