介護リフォームはこんなことに気を付けよう | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2016年11月16日
介護リフォームはこんなことに気を付けよう

■将来を考えたバリアフリーリフォーム

 家族を介護することになってから、考えることの多い介護リフォームですが、いずれは介護するかもしれないし、される側になるかもしれません。なので、介護するといったことになる前に、将来を考えたリフォームを行う必要があります。


 例えば以前の住宅に多かったのが、扉など段差のある住宅です。この住宅を介護リフォームして、バリアフリーにすることは、介護の必要がなくてもできるリフォームとなります。


 段差があることで転んだり、足をぶつけることもあるので、生活して行く中で、バリアフリーにした方が便利に感じることも多いでしょう。なので、まず将来的なリフォームを考えているのであれば、バリアフリーから始めましょう。


 今後は年齢や家族構成も変わっていく中で、家族が暮らしやすい生活ができるリフォームを行うことが重要となってきます。


■リフォームならこの部分に注目

 将来的に、自宅で介護ができるように、リフォームを行うのであれば、安全性が高く、介護しやすく生活しやすいリフォームが必要となります。そのため、注目してリフォームを行う場所はまずトイレになります。


 介護もトイレの介助を行ったり、車いすでの移動となった場合には、トイレのスペースを広げたり、ドアを変更したり、手すりを設置する必要があります。これにより、お風呂場内にも手すりが必要となり、ユニットバスであれば、浴槽内の床が滑りにくいものや、開閉が楽なスライドドアにしたり、広さも十分に確保する必要があります。


 玄関もリフォームが必要で、道路から自宅内までの間に段差があれば、スロープにしたり、フラットにしたりする必要があります。扉も引き戸のすることで、楽に開閉ができます。大きさも広く変えることで、車いすでも出入りしやすく、動きやすくなります。


 他にも、室内の壁に手すりを設置したりしますが、壁の補強などを行わないと、安全に手すりを付けることができない場合もあります。介護リフォームは、事前にリフォーム会社に相談することで、本当に必要なリフォーム箇所がどこなのか知ることもできます。


 介護する側にも、される側にも負担がなく、安全な環境で生活できるリフォームを見極めましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117