フローリングのリフォームのポイント | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年02月01日
フローリングのリフォームのポイント

 フローリングが傷んできた、今まで違う素材を使っていたけれどフローリングに変えたいなどの理由でフローリングをリフォームする方も多いかと思います。


 そこで、フローリングのリフォームを考えている方に、リフォームの際のポイントをご紹介していきましょう。

 

まずはフローリングの素材に注目

 フローリングは色や柄など様々な種類がありますが、大きく分けると『無垢(単層)フローリング』と『合板(複合)フローリング』の2種類に分けることができます。

 

 無垢フローリングは、木材の質感が直接感じられる、温かみのある素材です。


 合板フローリングは木質ボードに仕上げ材を貼り付けたもので、本物の木材のように作られたフローリングです。


 2つの素材から、どれが住環境に合っているのか、利用しやすいのかをよく検討してみましょう。

 

全て張り替えるのか、重ね張りするのかもチェック

 フローリングのリフォームには2つの方法があります。

 

 1つはフローリングを全て剝がし、張り替える方法です。


 この方法だと床の高さは変わらず、しかも全て張り替えになるので下地が腐食していないかなどの確認もとることができます。


 ただし、一度剝がしてから張り替えるのでコストがかかりやすいということと、廃材も出るため処分費用がかかるということ、更にフローリングではない周辺部分の施工も必要となる可能性があります。

 

 一方、重ね張りは現在あるフローリングの上から貼り付けていきます。すると、床の高さが変わってしまいますが、床が2重になるので通常の床よりも頑丈になったり、貼り付けるだけなのでコストが抑えられたりということがメリットとして挙げられます。


 ただし、床が高くなることでドアの開け閉めがうまくいかなくなってしまったり、下地の確認ができないため、もしも腐食していてもまた何年も放置されてしまうことになります。


 このようなメリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

色・見た目以外に機能性も見てみよう

 色や見た目はそれぞれその部屋に合ったものを選べば良いのですが、それだけではなく機能性もきちんと見ておかないといけません。

 

 現在フローリング材には、傷がつきにくいものからワックスが不要なもの、うるさい足音でも音が響きにくいもの、水に強いものなど、様々なものがあります。


 見た目も部屋の雰囲気が変わってきてしまうのでとても大切な部分ですが、なるべく機能性も考えて選ぶようにしましょう。

 

 

施工実績一覧はこちら

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117