外壁のカビやコケ、そのままにしておくとどうなる | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年03月13日
外壁のカビやコケ、そのままにしておくとどうなる

カビやコケができる原因は

 外壁は、常に雨や風など外からの刺激を多く受けやすく、住宅の状態によってはカビやコケが生えてくることもあります。


 築年数がたってしまったことで外壁の効果が薄れてしまい、カビやコケが生えることもありますが、やはり住宅の立地条件などによっても生えてくる場合もあります。


 主にカビやコケが好む場所は、日は十分に当たらずに日陰になっている部分で、北側の外壁や屋根などにも発生します。


 このような条件では、いくら新築の住宅であってもカビやコケ、藻が発生する確率は高くなります。また、カビやコケの繁殖しやすい条件がそろっていることでも発生しやすくなります。


 住宅にとってカビやコケ、藻などは見た目を悪くするだけでなく、住宅を傷つけることにもなります。

 

外壁の大敵となるカビやコケをそのままにすると

 外壁にカビやコケが付いた状態で放置することで、外壁の防水性を低下させるだけでなく、ひび割れが出てしまった場合にはその部分から劣化がどんどんと始まっていき、徐々に外壁の劣化を進めてしまうことになります。


 劣化が進んでしまうと補修だけでは修繕できなくなってしまい、また根に入り込んでしまったカビは、完全に取り除くことができなくなってしまいます。


 つまり、そのまま放置させるのは住宅の劣化を進めてしまうことなりかねないのです。住宅を少しでも長持ちさせたいのであれば、早急にカビやコケ、藻などを除去することが重要です。

 

除去方法は

 外壁に付着してしまったカビやコケ、藻などを除去するには外壁の塗装を行うのですが、高圧洗浄機できれいに落としてから行います。


 根まで入り込んでしまったカビはなかなか落ちにくいのですが、バイオ高圧洗浄であればカビやコケ、藻などの発生を防ぐこともできます。

 

 費用や施工期間なども外壁の状態によって変わってくる部分があるので、是非「サンリツホーム」までお問い合わせください。


 現在の外壁の状態にふさわしい施工をご提案いたします。もちろん相談も見積りも無料です。他の業者さんとの見積り比較も大歓迎です。リフォームに関して気になることは何でもご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117