住まいを長持ちさせるために必要な「住宅履歴情報(いえかるて)」 | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年05月29日
住まいを長持ちさせるために必要な「住宅履歴情報(いえかるて)」

住宅履歴情報(いえかるて)とは?

 「住宅履歴情報(いえかるて)」をご存じでしょうか。住宅履歴情報(いえかるて)とは、住まいを長く大切にするために必要不可欠な情報、具体的には、住宅の設計・施工・維持管理・権利・資産などに関する情報のことです。

 

 だれが、いつ、どのように新しく家を建て、リフォームを行ったかを記録した住まいの「カルテ」というイメージをもつと、わかりやすいかもしれません。病院で適切な治療を受けるためには、年齢や性別、アレルギーや病歴などの情報を記したカルテが必要なように、住まいも適切なリフォームを受けるためには、築年数や構造、補修歴などを記したカルテが必要なのです。

 

 住まいを売買する際にも住宅履歴情報(いえかるて)の有無が大きく影響します。クルマを売る際に修復や部品交換の履歴などあることが付加価値となるように、住まいにおいても適正な評価を受けるためには情報を蓄積していくことが重要なのです。

 

住宅履歴情報(いえかるて)へ記録を!

 具体的には、まず業者から情報を受け取り、その情報をもって情報サービス機関に情報の更新・保管維持を依頼することになります。しかし、住宅履歴情報(いえかるて)についての知識がなく、対応できないという業者も存在するため、契約前に確認しておくことがオススメです。

 

 また、基本的には、専門の情報サービス機関が情報の更新・保管を行いますが、場合によっては、業者がこの業務も併せて行ってくれる場合もあります。工事を依頼する業者が、情報サービス機関の業務まで対応できるかどうかは業者によって異なるため、直接確認してみてください。

 

住宅履歴情報(いえかるて)4つのメリット

 1.計画的な維持管理に役立つ

日常の点検やリフォームの記録を残すことで、住まいを計画的に維持管理していけます。またリフォーム時には、必要な情報を引き出すことができます。

 

2.合理的なリフォームができる

例えば壁を壊すことなく住まい内部の仕様がわかるなど、住まいの状況を正しく把握することができます。そのため、的確な見積りを算出、後期の設定などができ、希望に添った、合理的なリフォームを実現できます。

 

3.住まいの資産価値を適正に評価させるため売買時も安心

住宅履歴情報(いえかるて)があることで、外側からは見えない部分についても正しく状況が把握できます。そのため、住まいの資産価値は適正に評価され、不動産業者は自信をもって仲介することができ、買主も安心して購入ができます。

 

4.突発的なトラブルにも迅速に対応できる

台風や地震などで突発的に住まいにトラブルが発生したときも、住宅履歴情報(いえかるて)から、設備や部材の情報がすぐに引き出せるため、スムーズに補修ができます。

 

 「サンリツホーム」では、住宅履歴情報(いえかるて)がどんなときに役立つか、どうやって蓄積していけば良いか、を説明していますのでどうぞご安心ください。相談はもちろん無料、専門家としてリフォームのあらゆることをアドバイスいたします。どうぞお気軽にお声掛けくださいね!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117