キッチンの位置とレイアウトで、キッチンでの動線が決まる | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年07月19日
キッチンの位置とレイアウトで、キッチンでの動線が決まる

 キッチンのリフォームを検討されている方の中には、より使いやすいキッチンにするためにどのようなレイアウトにしようか悩んでいる方も多いかと思います。


 使いやすいキッチンにするためにはどのようなレイアウトにすると家事動線が効率良くなるのか、ご紹介します。

 

 

使いやすいキッチンはレイアウトごとに異なる

 使いやすいキッチンにするためには、まずレイアウトごとの特徴を知り、どう活用するかを考えることが大切です。

 

・I型キッチンの場合
 シンクや冷蔵庫、調理器などが全て一直線になっているI型キッチンは動線が長くなりやすいため、コンパクトなスペースに向いているレイアウトとなります。


 ダイニングに背を向けてしまうことになるため、家族の様子を見ることはできませんが、比較的使いやすいキッチンと言えるでしょう。ただし、冷蔵庫をどこに配置するかによって使いやすさが違ってくるので注意が必要です。

 

・アイランド型キッチンの場合
 人気のアイランド型キッチンは、ホームパーティーをよく開催する方や、家族で一緒に料理を楽しむ方は特に使いやすいキッチンです。


 広々としたスペースを要するため、比較的使いやすいのですが、動線に従って調理器具やお皿の収納場所を決めておかないと動線が行ったり来たりになってしまう恐れがあります。

 

 

使うもの・使わないものの位置を決めると調理も楽になる

 キッチンには調理器具やお皿などたくさん収納しなくてはいけないものがあるため、収納場所というのも大切なポイントになります。


 しかし、使うものと使わないものの区別ができておらず、収納場所も適当に決めてしまうとそれこそ動線に影響が生まれ、料理の手間もでてきてしまうのです。そのため、キッチンのレイアウトが決まったらそれぞれの収納場所もしっかりと決めておきましょう。


 例えば、使わないものはなるべく取るときに面倒な上の収納やシンク下の収納を使ったり、鍋類はコンロの下に収納したりすると使いやすくなります。逆に毎日使うようなおたまやフライ返し、コップなどの収納はできるだけ取り出しやすいところに収納しておくと良いでしょう。


 また、レイアウトを考える段階で収納場所も検討しながら作ると、より使いやすさもアップし、動線も短くなります。

 

 

キッチンのレイアウトに悩んだら

 キッチンのレイアウトに悩んだときは、ぜひサンリツホームへご相談ください!


 プロの目線から、使いやすいキッチンレイアウトをご提案させていただきます。相談・見積料金も無料です。名古屋市周辺にお住まいの方は、ぜひサンリツホームまでお気軽にお尋ねください!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117