外壁塗装における見積もりのポイント | 名古屋市緑区、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年10月05日
外壁塗装における見積もりのポイント

 外壁塗装をする前は、複数の業者と見積もりを比較して少しでも安く施工できる業者を選びたいものです。しかし、いざ見積もりを出してもらったものの、どこに注目したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。


 ここでは、見積書でチェックしておくべきポイントをご紹介していきます。

 

塗料のランクがすべて同じかどうか

 例えば外壁塗装や屋根塗装に使われる塗料が、耐用年数10年の塗料を使用したとします。しかし、雨樋や雨戸などそれ以外の部分に使う塗料が別のランクのものになっていると数年後のメンテナンスに手間がかかってしまいます。


 安い見積もりを出すために、それ以外の部分に使う塗料を5年耐用のものにすると、外壁や屋根はきれいに維持されているが雨樋や雨戸は剥げていて、ちぐはぐな建物になってしまうからです。

 

塗装が何度塗りになっているか

 基本的に外壁塗装は3度塗りが主流です。上塗り塗料をつきやすくするため下塗りを行い、次に中塗り、最後に上塗りという工程で完了します。


 こうすることで塗料の性能が効率良く発揮され、剥がれや膨れを防ぐことができるのです。しかし、見積書に下塗り・中塗り・上塗りの詳細が書かれていない場合は、下塗りや中塗りを省いた施工内容になっていることがあります。


 あまりにも安い見積もりの場合は、3度塗りかどうか確認しましょう。

 

見積もり書にケレンが入っているか

 ケレンとは古い塗膜を剥がしたり錆びを取り除く工程のことです。手作業もしくは電動工具で作業していきます。


 外壁塗装をする上でケレンは欠かすことのできない項目で、これが入っていないと新しく塗装してもすぐに落ちてしまうからです。手作業で行うととても時間のかかる工程ですが、どんなに高級な塗料を使ってもケレンなしでは意味が全くありません。


 塗装業者の中には、人件費削減や工事期間短縮のためケレンを行わないところもあります。外壁塗装や屋根塗装の見積書の中に、「下地処理」もしくは「ケレン」が記載してあるかチェックしてみましょう。

 

 サンリツホームでは、外壁塗装に行う塗料の特性や特徴などをしっかり明記し、お客様に納得してもらった上で施工を開始します。


 見積もりを比較する際には、裏のない価格を提示いたしますのでどうぞご安心ください。相談・見積もりは無料ですので、いつでも気軽にお声掛けください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
豊明市を中心に、知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市・名古屋市緑区でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117