浴室ドアの取付け、修理を依頼する際の3つのポイント | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年10月26日
浴室ドアの取付け、修理を依頼する際の3つのポイント

 毎日頻繁に開け閉めする浴室のドアは水垢汚れがたまりやすいので住まいの中でも劣化しやすい設備です。浴室のドアやドアノブの修理を依頼する場合は費用や注意点など気になることがたくさんあります。


 そこで今回は浴室のドア選びや修理費用などに役立つポイントについてご紹介していきます。

 

浴室のドア選びで注意すること

 浴室のドアを選ぶときは実際に使用するときの目線で考えてみましょう。子どもや高齢者がいる場合は指を挟みにくい仕様や段差がないタイプを取り入れると安心して使用することができます。


 親子で一緒に入浴したり要介護者がいる場合は出入口を広々使える引き戸がおすすめです。引き戸は開閉にスペースをとらないのでバリアフリーリフォームでも推奨されている扉でもあります。扉を引き込むスペースの確保ができれば狭い浴室や脱衣場を有効に使うことができるでしょう。

 

浴室ドアの費用相場は?

 浴室のドアを新しく交換する場合はドアのタイプや材質グレードなどによって費用が異なります。

【カバー工法】

開き戸:5万円前後
中折れ戸:6万~7万円
引き戸:10万円前後

【ドアのみ交換】

開き戸:3万~5万円
中折れ戸:3万~6万円
引き戸:8万~10万円

【ドアの交換+外枠】

開き戸:7万~10万円
中折れ戸:8万~12万円
引き戸:13万~16万円

 浴室のドアを交換するときは劣化・破損した場合あるいは介護などの目的で使いやすいドアにリフォームしたい場合に取り入れることが多いです。開き戸の浴室を引き戸に変更する場合は壁自体を解体しなければならないので施工費は当然高くなってしまいます。


 浴室のドア交換に関してはカバー工法を得意とする業者もあれば特定のメーカーであれば低価格でリフォームできる業者もあります。業者によって見積もり内容は多種多様にあるのでできるだけ費用を抑えるために複数の業者に見積りを依頼して比較してみると良いでしょう。

 

お客様第一のサンリツホーム

 施工業者によっては解体の工程を踏まずにユニットバスをそっくり入れ替えるプランを提案してくる場合もあるでしょう。ユニットバスの寿命は一般的に15~20年と言われているので年数がそれなりに経過していればユニットバス全体を交換してもいいかもしれません。


 しかしドアのみの不具合であれば浴室自体はそのままでドアを部分的に交換するだけで済む話です。工事費用も部分的な修理であれば費用を抑えることもできます。

 サンリツホームは規模の大きさに関係なく幅広いリフォームに対応しています。お客様が求める施工内容や状況に応じて複数のプランをご提案させていただきますので気になる点やお悩みがある場合はいつでもお気軽にお問い合わせください!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117