床暖房にリフォームしたい! | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年11月21日
床暖房にリフォームしたい!

 冬の寒さを快適に乗り切るために、床暖房にリフォームしたいと考えている人は多いと思います。床暖房は住宅設備として人気があり、リフォームの満足度もとても高いです。


 今回は床暖房の種類や、リフォームする際のポイントなどを説明いたします。

 

床暖房の種類

 床暖房には大きく分けて2種類のものがあります。


1つ目は電気式のものです。
電気式の床暖房には、電熱線ヒーター式、PTCヒーター式、蓄熱式など様々なものがありますが、いずれも電気を使って床を温めます。
電気式のものは比較的設置が簡単で工事費用も割安ですが、電気を利用するため電気代がやや高くなります。

2つ目は温水を利用した温水式です
温水式は専用の床材と給湯器を一緒に設置しなければならないので、初期費用が電気式のものに比べて高くなります。
しかし、ランニングコストが安い、電気式より温まるのが早いなどのメリットがあります。

 リビングなどで長期的に使う場合は温水式、使用頻度が低い場合は電気式というように使い分けると良いでしょう。

 

リフォームのポイント

 既存の床を床暖房にリフォームする場合、床ごと直す方法と床の上に直接貼る方法の2つがあります。直貼りの場合は床を解体する必要がないのでコストを削減できますが、その分床が既存のものより15mm程度高くなってしまいます。


直貼りによって生じる段差を解消する工事が必要になるので、その分も計算しておかなくてはなりません。また、床暖房の建材にはヒーター入りのものと、そうでないものがあります。


 人が歩く部分にはヒーター入り、家具の下にはそうでないものというように床材を使い分けることで更にコストを削減することができます。

 

床暖房へのリフォームは計画的に

 床暖房に使用するフローリングには様々な特性を持ったものが用意されています。汚れにくいものや抗菌性、耐久性に優れたものなどがあり、それぞれ値段にも差があります。


 また、床のデザインは部屋の内装にも大きな影響を与えるものです。床暖房のリフォームの際は、価格やデザインを参考にしつつ、事前に計画を立てておくする必要があります。

 名古屋市でも冬になると床が冷えて寒さを感じることもあるでしょう。そんなときは床暖房のリフォームもぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?


 サンリツホームでは、床暖房のリフォームにおけるプランニングのご相談も承っております。無料相談・見積りも可能なので、ぜひお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117