リフォームにも適切な時期がある事をご存知ですか? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年12月15日
リフォームにも適切な時期がある事をご存知ですか?

こんにちは!株式会社サンリツホームです。

今回はリフォーム時期についてご紹介します。

「ボロボロになってきたし、そろそろリフォームしようかなぁ」と軽く考えていまっていませんか? 実は、リフォームにも適切なタイミングがあるのです。

 

もし、そのタイミングを伸ばして、いつまでも放置してしまうと、お金や暮らしにおいて様々な問題が発生してしまいす。

老朽化や問題の悪化によって、工事費用がかさむだけでなく、工事期間も長くなってしまうのです。

 

住みながらのリフォームができない事態もあり得るでしょう。

定期的なメンテナンスの重要性が伝わったでしょうか。

そこ一般的な目安ではありますが、どの時期に、どの部分をリフォームをするべきかご説明していきます。

 

【築5年〜10年】

小型給湯器や浴室のドア、天井、室内の壁や外壁など、ちょっとした部分の破損や汚れがでてきているのではないでしょうか。

まだリフォームする必要はありません。

ただ、メンテナンスをして、心配なら業者に確認してもらうのが良いでしょう。

 

【築10年〜15年】

浴室・トイレ・洗面台・キッチンなどの水回りのリフォームを考えなければならない時期です。

水回りは使用頻度が高く、湿気が多い場所なので他の部屋より劣化が早いです。

メンテナンスをしていても、一度は業者に確認してもらいましょう。

 

【築15年〜20年】

この時期になると給排水管や土台など、住まいの見えない部分が老朽化し始めます。

木造の住宅では、シロアリなどにも注意が必要です。

大規模なリフォームが必要となってしまうことも珍しくありません。

 

【築20年〜30年】

この時期は家の構造にもよりますが、多くの家が増改築レベルのリフォームが必要です。

ライフスタイルの変化にも合わせた住まいの見直しの時期です。

 

以上が一般的な目安となります。もしこのタイミングを逃し、どんどん家を劣化させると、補修工事に手間が掛かるようになり、費用がかさんでいってしまいます。

マメなメンテナンスは一見、細かく費用が掛かって大変なようにも思えます。

 

しかし、家の寿命は長いものです。

長期的な死やで見れば、マメなメンテナンスによって、効率よくお得に家を維持することができるのです。

 

家を完全にリフォームする時には、家族のライフスタイルが変わっている場合が多いですよね。

暮らしやすい家の形は、世代や生活スタイルによっても異なります。

そのため、リフォームする時は少し先のことも考えると納得のいくリフォームができるのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか。

リフォームにも適切な時期があります。みなさんもこまめに家をチェックしましょう。

株式会社サンリツホームでもリフォームを取り扱っているので、お気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117