玄関ポーチリフォームの注意点について | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年12月08日
玄関ポーチリフォームの注意点について

 家の顔部分とも言われる玄関を、きれいにリフォームしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。そんな玄関ポーチをリフォームする際、どんなことに注意した方が良いのでしょう?

 

デザインは統一感を出すように

 玄関ポーチは基本的にドアと庇、段差によって大まかなデザインが決められます。そのため、この3つのデザインを一つずつバラバラに考えてしまうと統一感が失われてしまいます。色味や素材感、デザインなどは3つ合わせて考えた方が良いでしょう。

 

機能性も考慮する

 玄関ポーチは他人に見られることも意識すべきですが、毎日自分が通る場所ということを意識し、機能性にも考慮すべきです。例えば、玄関ポーチの床材としてよく使われているタイルは、デザイン性もあって素敵ですが、によっては水や土・泥などが影響して滑りやすくなってしまいます。


 ポーチには庇が付いているからと言っても、雨が降っていれば濡れた靴でポーチの上を歩くことになりますし、また風が強く雨がポーチ内に入り込むことも考えられます。ですから、できるだけタイルを使うときも滑りづらい素材を使った方が良いでしょう。


 ただ、滑りづらい素材のものは、その分ツルツルした素材のタイルより掃除がしづらくなってしまうことも、念頭に置いておかなくてはなりません。

 

防犯も意識した作りに

 玄関ポーチからアプローチにかけて、プライベート空間ではあるものの、外のつながりも大きい場所です。そのため、防犯を意識した作りにした方が安心感を得られます。


 ポーチと門はまっすぐ直線に作るのではなく、少しずらして配置したり、パーティションを作って見えにくくしたりするとプライバシーを守りつつ、防犯対策にもつながるでしょう。


 また、ポーチに照明を付けるだけで夜間に家を出るときにも見えやすくなるといった機能だけではなく、防犯対策としても高い効果を発揮してくれます。交換をあまりしなくてもいいように、ポーチに設置する照明にはLEDライトを使用すると良いでしょう。

 サンリツホームでは名古屋市内の玄関ポーチリフォームにも対応しております。デザインと機能性、両方を兼ね備えた理想の玄関ポーチをご提案させていただきます。


 どんな玄関ポーチにしようか悩んでいる、予算内で玄関ポーチを良いものに仕上げたい…そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひサンリツホームまで一度ご相談ください!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117