外壁リフォームは、塗料選びがカギ | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年12月21日
外壁リフォームは、塗料選びがカギ

 外壁をリフォームする理由は、「汚れが気になる」「傷がある」「デザインを変えたい」など人によって様々なものが挙げられるでしょう。外壁は建物の外観に大きく影響する要素なので、見た目や色で塗料を選ぶ人も少なくありません。


 しかし、塗料選びは建物の寿命や生活の利便性にも影響を及ぼします。代表的な塗料の特性と選び方を見ていきましょう。

 

代表的な塗料の種類

・ウレタン樹脂塗料
ウレタン樹脂塗料は、10年ほど前は外壁塗装の主流でした。
シリコン塗料の台頭により、外壁塗装には余り使用されなくなりましたが、安価であるというメリットがあります。
改良がんだことで優れたウレタン樹脂塗料も増えてきていますが、基本的に他の塗料よりも耐久性が劣っています。

・シリコン樹脂塗料
ウレタン樹脂塗料に代わり、現在最も使用されることの多い塗料です。
値段も比較的安価で耐久性もあり、色の展開も豊富なため様々な住宅の外壁に使用されています。
汚れにも強いため、外壁塗装に適した塗料であると言えるでしょう。

・光触媒塗料
日光を利用して汚れを分解し、雨で洗い落とすことのできる塗料です。
耐久性に非常に優れており、防汚性も高く評価されています。
新しい塗料なので普及率は高くありませんが、維持費や清掃の手間を削減できるため、人気の高い塗料です。

・断熱塗料
熱を吸収することで、熱の伝導を弱くする効果のある塗料です。
夏は外の熱をカットし、冬は室内の熱が外に逃げるのを防いでくれるので、夏は涼しく冬は暖かい快適な環境を作ることができます。

 

塗料の選び方

 塗料の種類によって値段や機能、色、デザインが異なります。機能面と外観のバランスを考えて、より自分の希望に合った塗料を選ぶようにしましょう。


 現代ではシリコン樹脂塗料が最も普及しており、コスト、機能、デザインのバランスが良いので幅広くおすすめできる塗料であると言えます。しかし、建物周辺の気候によって適した塗料には違いがありますし、外壁塗料はその後のリフォームの必要性や維持費にも影響します。

 

外壁のリフォームを検討中の方へ

 実際に塗料を選ぶ際は、リフォームを行う会社との相談が必要になるでしょう。サンリツホームでは、塗料の特徴や特性をしっかりと説明し、お客様に納得していただいた上で施工に取り掛かります。


 名古屋市で外壁リフォームを検討している方、塗料についての不明点やご希望のある方は、ぜひサンリツホームにご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117