外壁塗装のタイミングのサイン!チョーキング現象とは? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年01月27日
外壁塗装のタイミングのサイン!チョーキング現象とは?

皆さんは現在の家を建ててから、どのくらいの年月がたっていますか?
もしも、10年以上たっているのであれば、家のリフォームを考えていると思います。

 

そして、そのリフォーム中で外壁塗装のリフォームを検討中の方もいらっしゃるのではないかと思います。

ただ、外壁塗装は実際にどのようなタイミングでリフォームするべきなのかは、わからないということがあるでしょう。

 

そこで今回は、外壁をリフォームをするべきタイミングを見極めるサインである、チョーキング現象についてご紹介したいと思います。

 

◆チョーキング現象

皆さんはチョーキング現象をご存知ですか?
チョーキング現象とは、外壁を触った際に手に白い粉がついてしまう現象のことです。この現象は外壁をリフォームをするべきタイミングのサインです。

 

この現象は、手で外壁を触るだけで確かめられるため、見つけやすいサインです。

この現象を放っておくと、外壁にひびが生えたり、カビが生えたりといったトラブルの原因になります。

 

それによって、外壁塗装の費用が高くなったり、工事の期間が長くなったりしてしまいます。ですから、見つけた際には、業者に相談することをお勧めします。

 

◆チョーキング現象の原因

チョーキング現象の原因は、外壁の劣化によってもたらされることが多いです。

劣化は太陽の光や熱、雨などによってもたらされます。

これらは、自然の力の影響ですので、劣化してしまうのは仕方がないことです。

 

ただ、耐熱性の高い塗料や防水性の高い塗料もあるので、外壁塗装をする際には、そのような高性能の塗料を使用してみるのも良いかもしれませんね。

 

◆チョーキング現象を発見したら

先ほどにも述べましたが、チョーキング現象を発見したら、外壁塗装業者に相談しましょう。

そうしなければ、状況がさらに悪化してしまいます。

その結果、家の機能までダメージを受けてしまって、家全体の価値が下がってしまうこともあります。

 

そのような事態にならないためには、定期的に外壁の状態を確かめて、チョーキング現象を発見したら、早急に外壁塗装業者に相談するべきです。

 

◆まとめ

ここまで、外壁をリフォームするべきタイミングのサインとして、チョーキング現象をご紹介しました。
この記事をご覧くださった方は、実際に外壁を触って、白い粉が手につかないか確かめましょう。

そして、チョーキング現象が起こってしまっている場合には、様々なデメリットがあるので、早めに外壁塗装業者に相談してください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117