雨漏りの修理費用を安くするには火災保険を利用しよう! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年02月04日
雨漏りの修理費用を安くするには火災保険を利用しよう!

皆さんは屋根の雨漏りにお困りではないでしょうか?
そのような雨漏りを放置してしまうと、家の内部が腐食されてしまい、家の機能が低下してしまうことがあります。

 

特に、断熱材が腐食してしまうことが多く、断熱材の機能が低下してしまうと、家の中の温度調整が難しくなり、住みにくい家になってしまいます。

 

そのようにならないためにも、修理として屋根のリフォームを行う必要があるのですが、そのリフォームには、多大な費用がかかってしまい数十万円かかるケースや数百万円もかかるケースがあります。

 

「そのような多大な費用を払えるほど余裕はない!」と多くの方が考えたと思います。
そこで今回は、雨漏り修理の費用を安くできるかもしれない方法についてご紹介したいと思います。

 

◆火災保険を活用!

皆さんは火災保険に加入していますか?
もしも、火災保険に加入していのであれば、雨漏り修理の費用を安く抑えられるかもしれません。
ただ、多くの方が「火災保険って火事の時に役立つ保険ではないの?」と思ったのではないでしょうか?

 

実は火災保険は、火災だけでなく風災・水災・落電などの多くの自然災害による被害に対応しているのです。
そして雨漏りも、風災として補償を受けられる可能性があります。

 

ただ、どのような原因で雨漏りが起こったかによって、保証が受けられるケースと受けられないケースがあるので、次に保証が受けられる条件についてご紹介します。

 

◆保証を受けられる条件!

火災保険で雨漏りの保証を受けるための条件は、なぜ雨漏りが起こったのかという原因によって決まります。
それでは、どのような条件の時に保証を受けられるのか、保証を受けられないケースはどのような場合かということについてお伝えします。

 

・補償を受けられる場合

補償を受けられる条件は、状況によってそれぞれ異なりますが、主に自然災害によってもたらされた、雨漏りは保証されることが多いです。
自然災害とは、台風や竜巻などです。

 

もしも、このような影響で雨漏りが発生しているのであれば、火災保険が適用できるかもしれませんので、取り扱っている業者に連絡してみるのが良いでしょう。

 

・補償を受けられないケース

補償が受けられるケースとして、自然災害による被害をお伝えしましたが、残念ながら保証されないケースもあります。
それは、経年劣化や老朽化による雨漏りです。

 

このようなケースでは補償の対象外になってしまいますので注意が必要です。
ただ、補償を受けられないとしても、雨漏りを放置してしまうのは良くありません。
なぜなら、雨漏りを放置してしまうと、家の寿命に影響してしまったり、白アリが発生してしまったり、家にとって悪影響を及ぼすからです。

 

ですから、雨漏りをするための費用にお困りでしたら、ローンを組むなどして、屋根を修理した方が良いです。

 

ローンを組むのであれば、専門家に相談して無理のないローンを組みましょう。
また、補償が受けられるのかどうかが、判断しにくい場合は屋根修理を行っている業者に相談しましょう。

 

◆補償される金額は?

自然災害の影響で雨漏りが発生しているため、火災保険の補償を受けられる方は、どのくらいの金額を補償してくれるのかきになりますよね。
建物によって、多少の誤差はありますが、コンクリート、木造建てに関わらず、平均60万円程度が支払えわれます。

 

60万円という金額はかなり大きな金額ですよね。
これだけの金額を補償してくれるのであれば、火災保険を適用せずに雨漏り修理をしてしまうのは、損ですよね。

 

◆火災保険の料金は変わらない!

ここまでお伝えした内容で、火災保険を適用するとかなりの保証が受けられるということをご理解いただけたと思います。

 

ただ、皆さんの中には「火災保険の補償を受けると、その後に保険料が上がったりするのでは?」と考え、まだ火災保険を適用することに懐疑的な方もいらっしゃると思います。

 

しかし、火災保険を適用し、雨漏り修理をしたことによって、保険料が上がることはありません。
ですから、安心して火災保険を適用して、雨漏り修理をしましょう。

 

◆無料調査のお知らせ!

当社では、雨漏り修理のための無料調査を行っています。
もちろん、何も異常が発見されなかった場合には、調査費用は一切かかりません。

 

そして、異常が発見された場合には、保険の申請をしてから、雨漏り修理をします。
この場合も、基本的に諸経費も含めて補償された金額の範囲内で、修理を行いますので、皆さんの負担金額は0円です。

 

◆まとめ

ここまで、雨漏り修理の費用を安くできるかもしれない方法として、火災保険の補償を適用することをご紹介しました。

 

もしも、火災保険に加入されていて、補償が適用されるケースであるならば、火災保険を適用することで、費用を安くするどころか、無料で行える可能性すらあることをご理解いただけたと思います。
実際のところ、雨漏り修理で火災保険を適用することは、あまり知られていません。

 

そのため、多くの方が火災保険を適用せずに損をしてしまっています。
皆さんは、火災保険を適用して、雨漏り修理をしましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117