塗装工事は何日ぐらいかかり、どのような工程でするの? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年01月24日
塗装工事は何日ぐらいかかり、どのような工程でするの?

 外壁の塗装工事は、最短10日で完成します。しかし、日本の気候は多湿傾向にあり、名古屋市内でも10日間で雨が一度も振らないということは少ないです。そのため平均的には約2週間で全行程が完了します。


 では、その約2週間でどのような行程が行われるのか、詳しい外壁塗装工事の内容をご紹介しましょう。

 

外壁塗装は挨拶回りから

 外壁塗装をする場合は、まず作業をするための足場組みから始まります。足場組みは大きな音もるので、足場を組む前に挨拶回りに行くことが多いです。


 このときバイクや植物など、周りに塗料が飛び散ったら大変なものがあるかどうかも確認し、それらがあるご家庭には注意も促しています。足場を組んだら養生シートを張り、塗料などの飛散を防ぎます。


 その後、高圧洗浄機で壁面や屋根の汚れを落とし、乾かさなくてはなりません。足場組みから洗浄、乾くまでおよそ3~4日かかります。

養生と下地の調整も大事な工程

 マスキングテープやシートを使って、塗料をつけたくない場所を守ることを「養生」と呼びます。更に高圧洗浄機で洗った後、剥がれかかっている古い塗膜などがあれば剥がし、目地のシーリングに不備がある場合は打ち直しを行います。 外壁塗装をしやすくなるように下地の調整も行っていくのです。これらが終わればいよいよ外壁や屋根の塗装に入ります。

 塗装は下塗り・中塗り・上塗りという工程があり、下塗りで外壁に塗料がしっかり定着するための薬品を塗り、中塗りと上塗りで塗装を完了させるような流れにります。中でも下塗りは、外壁の状態によっても様々な下塗り剤を使い分けているため、重要な工程です。


 ここまでで、足場組みから8~11日程度かかっていることが多いです。特に塗料は乾かす工程も必要不可欠なので、どうしても時間がかかってしまいます。

 

片付けや掃除も徹底的に

 全ての工程が終われば、残りは片付けです。養生テープなどを剥がし、足場を解体して清掃を施します。全行程が終わる頃は天候にもよりますが、およそ2週間前後かかってしまうでしょう。雨続きであれば、より長くなってしまいます。


 しかし、どれも外壁塗装には必要な工程とるので、外壁塗装を検討されている方は事前に2週間程度の時間がかかってしまうかもしれないことを念頭に置き、計画すると良いでしょう。

 外壁塗装に関して、何かお悩みがありましたらぜひサンリツホームへご相談ください。お見積りや外壁の点検も、丁寧にお客様目線で行います。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117