断熱リフォーム(リノベーション)の費用対効果 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年02月15日
断熱リフォーム(リノベーション)の費用対効果

 名古屋市内でも、夏場は暑く冬場は寒い状況を改善したいという声が多くあります。日本は四季の変化が大きいので、家自体の対策なしにエアコンやストーブのみで対応しようとしても限界があるでしょう。


 そんな方におすすめなのが、リノベーションによる「断熱リフォーム」です。断熱リフォームはコスパ的にどうなのか、費用対効果について確認していきましょう。

 

ピンポイントで断熱していく方法

 費用をあまりかけたくないが、しっかりと効果は得たいという場合、窓を断熱構造にするリフォームがおすすめです。

 

 断熱リフォームというと外壁や床をイメージする方が多いですが、家の中の熱が一番逃げていきやすい場所は実は窓だとされています。ですから窓から逃げる熱を抑えることで、効率的に家の断熱性を上げることができるのです。

 

オーソドックスな壁断熱リフォーム

 壁を断熱リフォームするといっても、方法は3種類ほど存在します。壁のクロスやパネルを剥がして、室内から断熱材を構造材の間に敷き詰める内断熱もしくは充填断熱と呼ばれる方法、外壁を一旦剥がして断熱材を入れる外張り断熱、断熱性のある塗料を吹き付けたり塗り替えを行ったりする断熱・遮熱塗装などの方法があり、それぞれに特徴があります。


 コンクリートや木造など、工法によって向いている方法があったり、外張り断熱をするのであれば外壁塗装もセットで行ったりする方がお得など、様々なケースがあるので一番コスト的にお得なものを選んでみましょう。

 

床や天井の断熱リフォーム

 夏に2階へ上がると暑くて仕方がない、またその逆で冬場は1階が寒くて長時間いられないなどの問題がある場合は、床や天井の断熱で解決する可能性があります。夏場の2階が暑い場合は、天井の断熱が足りず、屋根に降り注いだ太陽光の熱がそのまま部屋に伝わってしまいます。


 冬場の1階が寒い場合は、床の断熱が足りずに、地面から冷気が伝わり底冷えしているという可能性が考えられるのです。それぞれ天井や床下の状態によっては意外と安く済む場合もありますが、床下断熱の際にはフローリング材の張り替えもセットで行った方がお得です。

 サンリツホームでは、各ご家庭でのお悩みを真摯に受け止め、それぞれに合ったリフォームプランをご提案させていただきます。名古屋で断熱リフォームをご希望の方は、お気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117