外壁塗装で雨漏りに強い塗料とは?|名古屋のリフォーム業者が解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年03月26日
外壁塗装で雨漏りに強い塗料とは?|名古屋のリフォーム業者が解説

外壁を劣化から守るために行うのが外壁塗装です。
しかし、中には「外壁塗装をしていたのに雨漏りがしてきた」なんて方もいるかもしれません。

 

それは外壁塗装が経年劣化を起こした可能性があるのが一つと、もう一つは塗装に使われた塗料が雨漏り対策に向いていなかったことが考えられます。

 

今回は、雨漏りの理由と雨漏り対策に適した塗料について紹介していきたいと思います。

 

■雨漏りの原因はひび割れにあり?

雨漏りが起こると、その原因が外壁塗装が剥がれたからだと考える方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

 

外壁塗装は外壁の劣化を守るための塗装であり、雨水の侵入を防いでくれますが、完全ではありません。

では、何が原因で雨漏りが起きるのかというと、主な原因は外壁のひび割れです。

 

本来、家の中に雨水が侵入するのも防いでいるのは家の外壁であり、その外壁に隙間ができることによって雨水が侵入し、雨漏りの原因になってしまいます。

外壁のひびをカバーできなければ雨漏りを防ぐことはできません。

 

■ひび割れをカバーする塗料

では、実際どのような塗料にすればひび割れをカバーすることができるのでしょうか。
いくら塗装を行っても外壁は時間が経つとひび割れを起こしてしまいますので、塗料には伸縮性が高くそのひび割れに追随できるものが適しています。

 

一般的な塗料は伸縮率が100%で、外壁にひびが入るとそれに合わせて塗料の方も割れてしまうのですが、中には伸縮率が300~600%以上のものがあるのです。

その内の一つが、日本ペイント株式会社の販売している『DANシリコンセラ』です。

 

日本で最も有名な塗料会社の一つが販売する高機能シリコン塗料で、伸縮率が400%とおおよその外壁のひび割れに対応できる塗料になっています。

 

この塗料の特徴はそのバランスの良さで、耐候性、防汚性、防カビ性などさまざまな高い機能を持っています。にも関わらず、シリコン塗料なのでそこまで1平米当たりの値段が高くないのです。
安価で質の良い塗料を選びたいという方にはおすすめです。

 

もう一つ紹介するのが、株式会社アステックペイントジャパンの出すEC-5000PCMです。
これはネットでも有名な防水塗料で、その伸縮率の高さには業界人も驚きです。
伸び率なんと約660%、最初の塗装時から約6倍まで塗料が伸びるということです。

 

これだけの伸縮性があれば、多少ひび割れを起こしたくらいではビクともしません。
成分もピュアアクリル樹脂という高性能のものになっており、高い耐候性や遮熱機能などを備え、耐用年数は約15年です。
少しお高い買い物にはなりますが、家の外壁を守るために高性能な防水塗料を選んでみてはどうでしょうか。

 

■まとめ

雨漏りの原因は外壁のひび割れです。
ひび割れの程度を確認せずに塗装を行っても、再び同じ個所から雨漏りを起こす可能性もありますので、外壁塗装の前には必ず外壁の状態確認を行いましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117