使いやすいキッチンのレイアウトは? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年03月14日
使いやすいキッチンのレイアウトは?

 キッチンで料理する際、冷蔵庫、シンク、コンロ、食器棚など、様々な家具や設備の間を行き来することになります。使いやすいキッチンにするためには、これらのレイアウトを工夫する必要があります。


 今回は、使いやすいキッチンのレイアウトをご紹介いたします。

 

キッチンのレイアウトを考えるポイント

 キッチンのレイアウトを考える上で、大きなポイントとなるのがコンロ・シンク・冷蔵庫の3つの位置関係です。料理をする際、この3つの間で頻繁に移動することになるので、これらの位置・距離が重要になります。


 この3つを結ぶ角形の3辺の合計が360cm~660cmの範囲に収まっていれば、料理もしやすい理想的なレイアウトであると考えられます。範囲を参考に、キッチンの広さや自分の身長などを考慮して、使いやすいキッチンレイアウトを考えてみましょう。

 

一般的なキッチンのレイアウト

 キッチンレイアウトの代表的な例として、冷蔵庫、シンク、コンロなどが横並びになったI型、I型からシンク、調理台が独立したII型、コンロ、シンクなどが壁から離れているアイランド型などが挙げられます。

 I型キッチンは最も多く見られるレイアウトで、キッチンスペースをコンパクトに収めることができます。しかし、壁を向いて調理をすることになる点、コンパクトな反面、作業が窮屈になりやすい点などがデメリットです。

 II型キッチンは、シンクとコンロを分けて配置することで、キッチン全体をコンパクトに納めながら、調理スペースもある程度確保することを可能にしています。II型キッチンを取り入れる場合は、シンクとコンロとの距離に注意しましょう。

 アイランド型キッチンは、これらのレイアウトに比べると大きなスペースが必要になります。作業台の周りにスペースがあるため、友人や家族と一緒に調理や片付けをすることができます。ホームパーティーなど、多人数を招いた場合にも便利なレイアウトです。

 この他にも、L型、U型、ペニンシュラ型など、様々なレイアウトのキッチンがあります。それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分の生活に合ったレイアウトを選んでみましょう。

 

キッチンのリフォームはサンリツホームにご相談を

 名古屋市でキッチンのリフォームを考えている方は、ぜひサンリツホームにご相談ください。キッチンのスペースやご要望に合わせて、よりお客様に合ったレイアウトを提案させていただきます。


 相談はもちろん無料なので、どうぞお気軽にお声掛けください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117