ガルバリウム鋼板屋根材のメリット・デメリット | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年03月23日
ガルバリウム鋼板屋根材のメリット・デメリット

 一般的な住宅の屋根に用いられることが多いガルバリウム鋼板にはどういった特徴があるのでしょうか。そこで、ガルバリウム鋼板の特徴やメリット、デメリットについて解説していきましょう。

 

ガルバリウム鋼板屋根材とは?

 アルミと亜鉛で構成された屋根材のことをガルバリウム鋼板屋根材と言います。近年の一戸建て住宅では取り入れられることが多く、トタンなどの金属系の屋根材と比べても耐用年数が長く、軽さがあり安価であることが特徴です。


 また、デザインも豊富でシンプルな横葺きや縦葺きのほか、瓦の形状をしている瓦調葺きもあるので、様々なデザインの外観に合わせやすいです。

 

ガルバリウム鋼板屋根材のメリットとは?

 ガルバリウム鋼板屋根材のメリットとしては耐震性の高さがあります。屋根の素材が重いと大きな地震が発生した際に重心の位置が高くなるので揺れが大きくなりリスクも高くなってしまいます。


ですが、ガルバリウム鋼板屋根材は軽いので地震による影響も少ないのです。コストパフォーマンスが高い点もメリットでしょう。軽くて耐久性が良く、ステンレスよりも安価となります。


 このほかにも、


・耐候性が高い
・メンテナンス性に優れている
・断熱材一体型製品もある
・リフォーム時にカバー工法が可能で費用を抑えられる
・天井を高くすることが可能


 などのメリットがあります。

 

ガルバリウム鋼板屋根材のデメリットとは?

 ガルバリウム鋼板屋根材を採用するにあたっては、デメリットの確認も大切です。ガルバリウム鋼板屋根材は金属系の屋根となるので金属特有のデメリットがあります。


 断熱性がないので室内の温度が上昇しやすいデメリットがあるほか、薄さがあるので防音性も低いです。衝撃に弱く固いものや重いものがあたると凹みや傷が付くこともあるでしょう。またサビにも注意が必要です。


 亜鉛メッキ鋼板と比較するとサビが出にくい性質ではありますが、傷が付くと傷部分からサビが発生することが考えられるので気を付けましょう。

 ガルバリウム鋼板屋根材にはデメリットもありますが、メリットが非常に多い屋根材です。名古屋市でも地震災害を気にする方も多いと思いますので、リフォーム時にガルバリウム鋼板屋根材にしようと検討される方もいらっしゃるでしょう。


 サンリツホームではガルバリウム鋼板屋根材の特徴や特性をさらに詳しく解説いたします。気になる費用についても詳しくご紹介いたしますのでお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117