築年数から考える、外壁塗装リフォームのタイミング|名古屋のリフォーム会社が解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年04月05日
築年数から考える、外壁塗装リフォームのタイミング|名古屋のリフォーム会社が解説

皆さんの中に、マイホームを購入してから何年も経つけれど、家のメンテナンスにあまり気を遣っていない、という方はいらっしゃいませんか?

 

家の外観を美しく保つためには、一定の間隔で「外壁塗装」をする必要があります。
そうはいっても、「外壁塗装なんて、一体いつすれば良いの?」と戸惑われる方も多いでしょう。そこで今回は、分かりやすく、築年数から考える外壁塗装リフォームのタイミングをお伝えします。

 

■外壁塗装リフォームに適したタイミングは、築10年

 

外壁塗装リフォームを行うタイミングの目安は、一般的に「築10年」と言われています。
ですので、今皆さんがお住まいの住宅が築10年に達しているのであれば、すぐに外壁塗装を行うのがおすすめです。

 

反対に、まだ築10年未満の新築住宅にお住まいの方は、数年後の外壁塗装のタイミングを見極めて、いつ外壁塗装リフォームをするのかの計画を立てておくようにしましょう。

 

■築10年で外壁塗装リフォームをする理由

 

では、なぜ築10年で1回目の外壁塗装を行わなければならないのでしょうか?
それは、日本の住宅に、主成分がセメントの窯業系サイディングボードが使われていることが多いからです。

 

セメントにはもともと防水性能がないため、塗装によって防水性を加えていますが、その塗装による防水性能の寿命が5~7年と言われています。

そのため、外壁塗装を行うべきタイミング=築10年というわけです。

 

■築10年で外壁塗装をする効果

 

築10年ほどで外壁塗装をすることの効果には、以下のような効果が挙げられます。

 

・住宅を長持ちさせる
築10年で外壁塗装リフォームをすることにより、外壁塗装をしない場合より、約3倍住宅が長持ちします。

 

・外壁の補強に繋がる
外壁塗装は、家の外観を保つためだけにするのではなく、外壁そのものの劣化を防ぐためにするものでもあります。

雨風にさらされて外壁が劣化してしまうのは仕方のないことなので、できるだけコンスタントに外壁塗装リフォームをすることで、外壁を補強することができるのです。

 

・トータル費用を抑える
築何十年経っても外壁塗装をしないまま住宅を放っていれば、いつの間にか修復のしようがないほど外壁が劣化してしまった、なんてことにもなりかねません。

 

そうなってしまえば、外壁塗装の費用だけでなく、より大掛かりな工事が必要になり、余分な費用が掛かってしまう恐れがあります。

 

ですので、将来住宅のメンテナンスにかかる費用を考えると、築10年を目安に外壁塗装を行うのがおすすめです。

 

今回は、外壁塗装リフォームのおすすめのタイミングについて、築年数の視点から解説しました。外壁塗装を一度もしたことがないという方は、ご自身の住宅の築年数を確認して、計画的に外壁塗装リフォームをしてくださいね。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117