狭いお風呂を増築なしで広くする方法 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年04月17日
狭いお風呂を増築なしで広くする方法

 狭いお風呂を不便に感じている方も多いのではないでしょうか。お風呂を広くしたい場合、増築リフォームを行うのが一般的ですが、費用や敷地の都合で増築が行えない場合もあるかと思います。


 今回は、そんな場合におすすめの「増築なしでお風呂を広くする方法」についてご紹介していきましょう。

 

出窓を作ってお風呂を広くするリフォーム

 増築が行えない場合は、浴室の壁に出窓を作るリフォームを行いましょう。出窓のスペースを浴槽の一部として利用すれば、浴室の壁を動かさずに浴室を広くすることが可能です。出窓のスペースを使っている部分と、従来の浴室のスペースを使っている部分に段差ができるので、そこに脚を伸ばせるようになります。


 さらに、シャワーや蛇口を出窓スペースに移動することで、体を洗うスペースを広くすることも可能です。また、浴室と同程度の幅の出窓を設置することになるため、浴室に外の光を取り込みやすくなります。明るく開放的な空間を演出することができる点も、出窓を使ったリフォームの魅力と言えるでしょう。

 

リフォームにかかる費用

 従来の窓の開口部をそのまま利用し、出窓を取り付ける場合は、出窓の取り付けに10万~20万円、開口部周辺の工事に5万円程度がかかります。従来の窓が小さく、開口部を広げる必要がある場合は、さらに5万円程度費用がかかる場合が多いです。増築には200万円程度かかる場合もありますから、費用を削減したい場合にもおすすめのリフォーム方法です。


 ただし、開口部を広げる場合の費用は、従来の窓の大きさによって異なるので注意しましょう。また、浴槽の向きや敷地のスペースによっては、出窓リフォームができない場合もあります。事前にリフォーム業者と相談し、現地調査や見積りを行ってもらうようにしましょう。

 

浴室リフォームもサンリツホームへ

 出窓を使ったリフォームには、浴槽や窓の選択や敷地の広さなど様々な要素が影響します。リフォームができるかどうかが判断しにくい場合もあるでしょう。そんな場合は、サンリツホームまでご相談ください。


 最新商品の紹介や、施工方法、特徴などをしっかり説明させていただいた上で施工に取り掛かります。名古屋で浴室のリフォームを検討中の方は、ぜひサンリツホームまでお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117