どんなお風呂のデザインが流行りなの?名古屋のリフォーム業者が解説! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月01日
どんなお風呂のデザインが流行りなの?名古屋のリフォーム業者が解説!

「お風呂をそろそろユニットバスに替えたいけれど、どのようなものが良いか分からない」
「オシャレな印象のお風呂にしたいけれど、どんな材質のものが映えるか分からない」
「流行りのデザインのお風呂を知りたい」
このような悩みや疑問をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

 

お風呂のリフォームは人生に何度もやるものではないので、納得のいくお風呂選びにしたいですよね。今回はお風呂のデザインの選び方と流行についてご紹介します。


■お風呂デザインのコツ

 

お風呂をデザインする上で非常に重要なのが、水漏れをしないように考えることです。水漏れは必ず起きるので仕方ないのですが、できるだけ水漏れしないようなデザインにしましょう。

次に素材選びですが、ホーローやステンレス、人工大理石、FPR、タイル、木製などがあります。

 

それぞれに違ったメリット・デメリットがあります。もし、あなたが一人で暮らしているのであれば、自分の憧れの浴室にすれば良いのですが、家族がいる場合は、必ずしもあなたの理想のお風呂が一番快適かと言われればそうではありません。

 

浴室の管理が大変な素材を選べばキレイに維持するためにコストがかかり、掃除も大変です。そのため、お風呂の素材を選ぶときはデザインのみで選ぶのではく、どの材質が家族にとって便利かを考えて選ぶことをお勧めします。

 

また、メーカーによって素材が一緒でも、中身が違う場合があります。例えば人工大理石だとアクリル系とポリエステル系があり、メーカーによってどちらかに分かれるので、先に調べてからメーカーを選ぶことをお勧めします。

 

■お風呂のデザインの流行り

 

近年では人工大理石やFRP、ホーロー、ステンレスが主流となっています。ユニットバスでは人工大理石とFRPが主に使われています。人工大理石の人気の要因としては、カラーバリエーションの豊富さや、耐水性・耐汚性に優れていて非常に掃除がしやすく、簡単にお手入れができるところが挙げられます。

 

FRPはガラス繊維強化プラスチックのことなのですが、柔らかい素材で温かみを感じることができる点が人気です。価格もお手頃なので手が出しやすいというポイントも人気の要因の一つですね。

また近年では木製でもお手入れの簡単なものが開発されているので、お風呂が好きな方はこの木製風呂にされる方が多いです。

 

■まとめ

 

最近のお風呂のデザインの主流はユニットバスの人工大理石やFRPですが、他の素材でもたくさん優れたものがあるので、お風呂の素材を選ぶ際には色々な素材を見て、一番自分の家に合うお風呂にしましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117