外壁塗装をする際には「面積効果」に要注意 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月07日
外壁塗装をする際には「面積効果」に要注意

 外壁塗装をするにあたり、色選びに迷っていませんか?今までと同じ色を選ぶこともできますが、外壁のイメージを変えて心機一転するためにも全く別の色に考える家庭も多いです。


 ですが、色選びにおいては注意すべきこともあります。外壁塗装で失敗しないためにも、色選びの注意事項を確認しておきましょう。

 

外壁塗装の色選び注意点

 外壁塗装の色を考える際に、何を考慮して選びますか?自分の好みで選ぶ人もいれば、周辺の環境に馴染むように色を選ぶ人もいるでしょう。派手な色を選んでしまうと、周りの住宅や環境から浮いてしまい目立ちやすくなってしまいます。


 ですが、周辺の環境に合わせて選んだにも関わらずに思ったよりも明るくなってしまい、後悔してしまう人も外壁塗装のリフォームでは少なくありません。こえは外壁の「面積効果」の影響によるもので、注意しなければ思い通りの外壁にすることが難しいので注意しましょう。

 

外壁塗装で起こる面積効果とは?

 面積効果は簡単に言うと、面積によって同じ色でも見え方が違う現象のことを言います。例えば、明るい色であれば同じ色であっても面積が狭い部分は暗く濃く見え、面積が広い部分では明るく薄く見えるのです。


 なので、自分が選んだ色が明るいのであれば、外壁塗装した際に思ったよりも明るく見えてしまい見本の色とは違って見えてしまうので注意しましょう。

 

面積効果を考慮した色選びが大切

 外壁塗装時には、リフォーム業者から外壁塗装のカラーサンプルを見せてもらうことが多いです。
サンプルは小さいので面積効果が表れやすいとされます。面積の差をなくすことで面積効果の表れない外壁塗装ができるので、色選びの際は業者のアドバイスをもらうことが大切となるでしょう。


 中には、A4サイズほどの大きい見本を用意してくれる業者もいるので、依頼することで失敗を防ぐことができます。サンリツホームでは、外壁塗装に失敗しないためにも外壁塗装の色選びのサポートをさせていただきます。


 希望している色を実際に施すとどういった色になるのかアドバイスし、お客様好みの外壁になるようお手伝いさせていただきますので、名古屋周辺にお住まいの方はサンリツホームまでお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117