耐震補強を低予算で実現! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月08日
耐震補強を低予算で実現!

 四国の南の海底にある溝を指す南海トラフ沿いが震源となる、南海トラフ地震はいつ起きてもおかしくないと言われています。名古屋市周辺でも被害の想定や地震ハザードマップの作成などが行われていますが、木造住宅にお住まいの方は耐震補強工事について考える必要があるでしょう。


 阪神・淡路大震災以降、木造住宅の耐震診断や耐震補強工事が行われていますが、実際にはまだまだ実施されていないのが現実です。家や命を守るためにも、耐震補強工事について今一度考え直してみましょう。

 

名古屋市の木造住宅無料耐震診断について

 耐震診断を行うだけでも高額な費用が発生するのでは?と心配する人も多いかと思いますが、名古屋市では名古屋市内にある昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅(プレハブ、ツーバイフォー工法などは対象外)で2階建て以下であれば無料で耐震診断を受けることが可能です。


 名古屋市民間木造住宅耐震診断申込書を記入して、名古屋市役所住宅都市局耐震化支援室に郵送かファックスまたは持参することで申し込みができるので、対象の住宅に住んでいるのであれば利用してみましょう。

 

耐震補強工事を低予算に抑える方法とは?

 耐震補強工事をするためには、多くの費用が掛かることがあります。住宅によっては150万を超える場合もあり、補強工事を依頼するのに躊躇してしまう家庭もいるのです。


 ですが、大切な家や命を守るためにも耐震補強工事の実施は欠かせないものとなるでしょう。低予算に抑えるためにはどうしたら良いのか?と悩む人もいるでしょうが、優先順位を付けて重要な部分だけリフォームを行うことも考えてみてください。


 また、耐震補強のみのリフォームを考えるのではなく、家の中で不満がある場所のリフォームをする際に、一緒に耐震補強をしてもらうようにすると費用を抑えることが可能です。

 

名古屋市の耐震改修助成制度

 さまざまな自治体で耐震補強工事の助成を行っており、名古屋市でも木造住宅無料耐震診断の結果が1.0未満の住宅や、昭和56年5月31日以前に着工した2階建て以下の住宅などであれば、補助金を受け取ることができます。


 その他にも、合わせて利用できる制度があるのでホームページや市役所を訪れて確認してみましょう。サンリツホームでも耐震補強工事を承っているので、内容や費用について不安があればお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117