オープン外構とクローズド外構どっちがいいの? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月11日
オープン外構とクローズド外構どっちがいいの?

 外構プランはオープン外構とクローズド外構に分けて考えることができます。自分の趣味や周辺の環境、敷地条件などによってプランを考えるでしょうが、自分の家はどういった外構にすれば良いのか悩む人も少なくないでしょう。


 そこで、オープン外構とクローズド外構のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

オープン外構のメリット・デメリットとは?

 オープン外構は、敷地の境界線に門や塀、フェンスなどを設けない外構プランです。最大のメリットは、やはり開放感でしょう。狭い敷地であっても広さを感じることができ、家の中にも風や光が入りやすいメリットもあります。費用が抑えられる点も魅力のひとつです。


 デメリットとしては、プライバシーの確保が重要となる点です。目隠しとなるフェンスがないので、家の中が見えてしまうことも考えられます。そのため、窓の位置や洗濯物干し場の位置を考える必要があるでしょう。ペットや子どもがいる場合も、道路に飛び出す危険があるので注意してください。

 

クローズド外構のメリット・デメリットとは?

 クローズド外構は、境界線付近に敷地が見えないようにフェンスや塀を設置する外構プランのことを言います。最大のメリットはプライバシー空間の確保ができる点でしょう。窓やカーテンを開けていても、道を歩く人や近隣住民からは見えないので視線を気にすることなく生活できます。


 ペットや子どもがいる場合も安心して遊ばせることができるほか、庭はフリースペースとしてバーベキューやガーデニングなど自由自在に使うことが可能です。デメリットとしては、狭い敷地であれば圧迫感を与えることとなります。工事費用が高くなるデメリットもありますが、使う素材によって費用を抑えることも可能です。

 

外構プランの相談もサンリツホームにお任せを

 名古屋市でもオープン外構を取り入れる家庭やクローズド外構を取り入れる家庭など様々です。上記のほかにも、2つのプランを組み合わせたセミクローズド外構もあるので、お客様に合った外構プランをご案内させていただきます。


 目的や予算に合わせてプランのアドバイスもさせていただくので、お気軽にサンリツホームまでお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117