賃貸アパートの外壁塗装は経費で落ちるの? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月16日
賃貸アパートの外壁塗装は経費で落ちるの?

 アパートの外壁塗装費用に関する問題は、名古屋市内でアパート経営をしている方からご相談いただくことの多い事例でもあります。外壁塗装をした際に修繕費を経費にすることができれば節税にもつながるでしょう。


 ですが、仕組みを理解していないと節税することができないので、外壁塗装の経費の仕組みについて解説していきましょう。

 

アパートの外壁塗装にかかった費用は経費にできる?

 アパートを経営している方は、毎年確定申告を必ず行うかと思いますが、アパートの外壁塗装をした際には経費として控除させることが可能です。


 ですが、修繕した種類によって税率に違いが表れるので注意しましょう。「修繕費」、「資本的支出」といった2つの種類があり、税額が違うのであらかじめ理解しておくことが必要です。

 

資本的支出と修繕費の違いについて

 資本的支出は、建物の価値を高めることや耐久性を増すための支出のことを言います。例えばアパートのデザインを変更したり、グレードの高い塗料を使用して塗装したり、外壁の一部分でもタイルやサイディングにした場合には、資本的支出として判断されます。資本的支出の場合、必要経費は減価償却として処理されることになるので、数年かけて経費を支払うことになるでしょう。

 修繕費は、汚れている部分や破損した部分を元に戻す修理を行うための支出のことを言います。雨漏りを直したり、汚れの多い外壁の塗り替えや雨どいの交換などが当てはまるでしょう。修繕費に当てはまれば経費として一括計上できるので、アパートの外壁塗装をした際には、その年に全額控除を受けることが可能です。


 アパート経営をしている人にとっては、修繕費として認められることで節税となるので資本的支出に当てはまらないよう対策を取ることが重要となってきます。

 

アパートの外壁塗装のことならサンリツホームにお任せを

 外観の見栄えが悪くなり、劣化している箇所が多いなどアパートの外観でお困りのことがあればサンリツホームにご相談ください。資本的支出や修繕費についても、詳しく解説いたします。


 外壁塗装以外にも、アパートの室内やベランダなど様々なリフォームに関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117