バルコニー、ベランダ、屋上の一番おすすめの防水工法 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月17日
バルコニー、ベランダ、屋上の一番おすすめの防水工法

 住宅のバルコニーやベランダ、屋上は雨風に晒される場所なので防水対応をする必要があります。すでに劣化してしまっている場合は、雨漏れを引き起こす可能性もあるので注意しなければなりません。


 ここでは、防水に関する特徴や工法の違いについてご紹介していきましょう。

 

低価格で建物にかかる負担が少ないウレタン防水

 ウレタン防水とは、ウレタン樹脂塗料によってゴム状の防水膜を張り、防水を行う工法です。ウレタン防水は、液体状の材料を使用し現場で塗装する工法なので、複雑な形状をしたバルコニーやベランダでも継ぎ目のない防水膜を作ることができます。 


 防水層が軽量なので、建物自体にかかる負担も少なくコストが安いというメリットもあります。しかし、各工程の中でしっかり塗料を乾燥させなければいけないので工期が長くなってしまったり、定期的にトップコートを行ったりする必要があるでしょう。

 

速乾性があり耐久性にも優れているFRP防水

 繊維強化プラスチックの略称であるFRPは、対衝撃性に優れている防水材料です。これによって耐久性や加工性が高くすることができ、高硬度、摩耗性のある仕上がりになります。均一な厚みで施工することができる点と速乾性があるという点から、短期間での工期で施工することができるでしょう。


 ただし、プラスチック系の材料が使われているので臭いが強く、湿気や化学反応によって硬化してしまうので注意が必要です。

 

トップクラス塗料を用いた防水工法

 ベランダやバルコニー、屋上などの防水工事は、劣化症状によって施工方法が異なります。ひび割れや剥がれ、色褪せを発見したら適切なタイミングで補修工事をしてください。ベランダや屋上に水が溜まっている場合は、防水効果が切れてしまっている、もしくは勾配がないため水溜まりができやすくなっている、この2点のどちらかです。


 勾配がない場合には、建築会社の施工不良の可能性があるので建設会社に問い合わせることをおすすめしますが、専門業者でなければ判断できない場合もあります。名古屋市のサンリツホームでは、住宅のベランダやバルコニー、屋上などの防水塗装の適切なタイミングを調べるために専門家による劣化診断を実施いたします。


 施工前に、建物の劣化状況を把握した上でそれに見合った工法や塗料をご提案させていただきます。サンリツホームでは、防水性や遮熱性、耐候性に優れたトップクラスの塗料をご用意していますので、自宅のベランダやバルコニー、屋上に不具合が起きた場合は、お気軽にお声をおかけください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117