防寒対策のためのリフォームを考えている方必見!|名古屋のリフォーム業者が解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月18日
防寒対策のためのリフォームを考えている方必見!|名古屋のリフォーム業者が解説

「暖房をしているはずなのに家の中が寒い!」
そんな悩みをお持ちではありませんか?

 

暖房が故障したのかなと思う方もいらっしゃることだと思います。

実は、住まいの防寒対策に問題があるのです。

そこで今回は、防寒対策のリフォームについて解説します。

 

 

◎住まいの断熱性能を調べるためには?

 

冬の寒い日に、「暖房の温度をいくら上げても部屋が暖かくならない」そんなこと、ありませんでしたか?

その原因として挙げられるのが、窓から外部に熱が漏れているというものです。

窓の前に立ってみて冷気が感じられたら、断熱性能に問題があるということです。

 

また、窓に結露が発生するのも、断熱性能が劣化しているサインです。

さらに、床下から冷気を感じるという場合は、床下の断熱が行われていない可能性があります。

一度、確認してみてください。

 

 

◎防寒対策のリフォームの方法とは?

 

ここからは、断熱性能を上げるリフォームをご紹介します。

 

・断熱窓に交換する

枠も断熱される断熱窓にすることで結露をしっかりと防ぐことができます。

さらに、防音性能にも優れており、家の中が静かになるというメリットもあります。

 

・二重窓にする

二重窓にリフォームすると、窓から出入りする冷気を抑制することができます。

また、暖房が効きやすくなり、省エネにもつながるので人気があります。

 

・窓の内側に断熱性の高いスクリーンを入れる

断熱性の高いスクリーンを入れることで、室内の暖かい空気と冷たい窓ガラスが触れないようにする効果があります。

また、冷たい隙間風も防ぐことができ、冷やされた空気が室内に流れてこないようにする働きもあるのです。

 

・窓の位置を高くする

窓を高くすることにより、冬の寒い日に暖かい日差しを取り入れ、室内の床や壁面に熱が吸収され、輻射熱(ふくしゃねつ)により暖かくなります。

光熱費もかからないのでおすすめです。

しかし、夏になると日差しが強くなるのでカーテンで日差しを遮る工夫が必要になります。

 

・床下の断熱リフォームをする

床下断熱リフォームは、床材を剥がすことなく床下から断熱材を入れます。

もし、床材が傷んでいる、剥がれているという場合は、一緒にお取り替えすることも可能です。

床からの冷気を防ぐことができます。

 

 

◎最後に

 

今回は、防寒対策のリフォームについて解説しました。

気になる防寒対策のリフォームはありましたか?

リフォームをすることで光熱費が抑えられ、より快適な暮らしになります。

もし、冬の寒さに悩んでいるという方は、ぜひ一度ご相談ください!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117