外壁サイディング(リフォーム)の基礎知識 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月28日
外壁サイディング(リフォーム)の基礎知識

 外壁をリフォームしようと考えた際に「サイディング」の使用を考える方は多いかと思いますが、リフォームを行う上でサイディングの基礎知識を身に付けておくことは大切です。


 今回は外壁サイディングにおける基礎知識を解説していくので、名古屋市周辺にお住まいの方で外壁リフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

サイディングには種類がある

 外壁サイディングは1種類ではなく、大きく分けると4つに分類することができます。

・窯業系サイディング
 セメントや砂を原料として板状に形成されたサイディングです。デザイン性に優れており、自分好みの外壁にでき防火性にも優れています。ただし、パネルの重量が大きいので建物に負荷が掛かるという懸念もあります。

・金属系サイディング
 アルミや銅板で作られたサイディングで非常に軽量な点が魅力です。ヒビ割れや凍害の心配もなく、断熱性に優れているメリットがありますが、表面に傷が付きやすいデメリットもあります。

木質系サイディング
 天然木を加工して作られているので、自然な木目の質感を楽しむことができるでしょう。火や水に弱い性質を持っているので、定期的なメンテナンスが必要となります。

・樹脂性サイディング
 日本ではまだあまり使われていないサイディングの一種で塩化ビニル樹脂を使用しています。寒さや酸性雨、ヒビ割れに強い性質を持っているのですが、デザインのバリエーションが少ない欠点があります。

サイディングもメンテナンスが必要

 サイディングには様々な種類がありますが、どのサイディングもメンテナンスは必要です。新しいサイディングへとリフォームしたからと放置はせずに、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。


 それぞれのメンテナンス周期を見てみると、


・窯業系サイディング:7~8年
・金属系サイディング:10~15年
・木質系サイディング:8~12年
・樹脂系サイディング:10~20年


となっています。


 自宅周辺の環境によってはメンテナンス周期以前に劣化が見られる可能性もあるので、専門家などに相談してメンテナンスが必要か判断してもらいましょう。

サイディングのことならサンリツホームにお任せを

 今回はサイディングの種類やメンテナンス時期についてご紹介しましたが、このほかにも知っておくと便利な基礎知識がいくつかあります。


 外壁サイディングリフォームを検討中またはご興味ある方は、お気軽にサンリツホームまでご相談ください。リフォームの専門家として様々なアドバイスをさせていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117