フローリングの「重ね張り方法って何?」 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年05月30日
フローリングの「重ね張り方法って何?」

 フローリングの傷や汚れが多くなった場合には、リフォームを考える方も多いかと思いますが、張り替えをするには費用や時間がかかるのではないかと心配する方もいます。ですが、フローリングは「重ね張り」と呼ばれる方法でもリフォームすることが可能です。


 そこで、重ね張りがどういった方法で行われるのかを解説するとともに、メリットやデメリットについてもご紹介していきましょう。

重ね張りとは?

 フローリングをリフォームする場合、今あるフローリングを取り外して新しいフローリングを設置する張り替え方法がイメージされるかと思いますが、重ね張り方法とはその名の通り今あるフローリングの上から新しいフローリングを重ねて張っていくことになります。


 張り替え方法よりも短期間でできるということで、近年人気のリフォームとなっているのです。

重ね張り方法のメリットやデメリットは?

 重ね張りのメリットとしては、やはり「費用の安さ」が挙げられます。既存のフローリングを剥がす必要がないので、解体費や古いフローリングの処分費用がかかりません。人件費も抑えることができるので、リフォームにかかる費用を抑えられるでしょう。


 また、リフォーム中の騒音も少ないので近隣住民の方々に気を遣う必要もありません。そのため、マンションにお住まいの方でも気軽にリフォームを依頼できるでしょう。

 次にデメリットを確認していきます。


 1つ目にほかの部分と干渉することが挙げられます。重ね張りをすることで床が若干上がるため、建具にスレてしまう可能性もあるので建具の下部を削る必要があるでしょう。


 また、重ね張りをするので下地の確認ができません。築年数が経過していれば下地自体が劣化している可能性もあるので、重ね張りをした後にきしみや沈みなどの劣化が発生することも考えられます。

重ね張りを検討しているならサンリツホームにお任せを

 重ね張りは、費用や工期を抑えられるので手軽にできるリフォームとなりますが、築年数が経過している家の場合は重ね張りによってトラブルが隠れてしまう可能性もあるので、1度サンリツホームまでお問い合わせいただくことで重ね張りに適したフローリングであるか確認させていただきます。


 気になる費用や工事期間についてもご提案させていただくので、名古屋市周辺にお住まいの方はお気軽にサンリツホームまでご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117