築20年目は“リフォーム適齢期”!家と家族の暮らし方を見直す良いきっかけに! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月01日
築20年目は“リフォーム適齢期”!家と家族の暮らし方を見直す良いきっかけに!

店長 石田浩徳

築20年目は“リフォーム適齢期”!家と家族の暮らし方を見直す良いきっかけに!

 

 皆さんこんにちは。今年も梅雨の季節がやってきましたね。ジメジメしたこの季節に気をつけたいのが家の大敵、そう、湿気です。湿気がたまると家が傷みやすくなるだけでなく、イヤな臭いやカビの原因にもなってしまいます。家全体の換気を行うのはもちろん、あまり使わない収納スペースがあれば、晴れた日に扉を開けっ放しにして、通気を良くしましょう。これだけでも随分、効果がありますよ。あなたの家の玄関収納、シンク下、和室の押し入れ… 、湿気がこもっていませんか?


 さて今日のお話は、築20年程度の家のリフォームについてです。10年一昔と言いますが、20年なんて本当にあっという間ですね。「この前、建てたと思っていたらもう20年!」と思われる方も多いのではないでしょうか。最近は建材などの質も良くなっているので、20年を経過してもぱっと見た目はそれほど痛んでいないように見えるものです。


 しかし日頃のメンテナンスや早めの修繕こそが、家を長くお得に保たせる秘訣です。築2 0 年程度の家はまさに“リフォーム適齢期”。20年という月日は、家の経年変化のほか、“家族のかたち”や家に対する“価値観やこだわり”も変えているはずです。このあと20年、30年と心地良く住むために見直す良いきっかけとして捉えてください。

 

家全体の診断は必須。
長い目で見たリフォーム計画を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まずは築20年目の家を見直すポイントです。気をつけたいのが、素人判断で部分的なリフォームを行ってしまわないということ。目の届きにくいところが痛んでいる場合もありますし、今すぐは必要なくても、この先3~5年で見直しが必要になる部分もあるでしょう。そうした部分までを考え、家全体の住宅診断を実施してリフォーム計画を建てると失敗も少なくなります。小さなリフォームを繰り返すより、結局はお得なリフォームが実現できますよ。

 

コ分たちのための空間づくりで
より充実&便利な家に!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 また、築20年を迎えた多くの家は子育てを中心に考えられた間取りが多いものですが、不要になった空間を“自分の時間のため”にリフォームすれば、毎日の暮らしもより充実するはずです。とくに寝室や趣味のスペースを充実させるのはおすすめです。寝室とお手洗いが遠い場合は、寝室の場所を変えたり、水回り付近の段差をなくしたりしておくのも将来に備えるために有効的です。さらに、食洗機や自動シャッターなど生活に便利なアイテムも取り入れると、毎日の暮らしがラクになるだけでなく、光熱費などの節約にもつながりますよ。

 リフォームの際には、今の家の何が不満で、この先どんな暮らしにしていきたいかを箇条書きにしてみると、どんな手の加え方が良いのか頭の中を整理しやすくなります。こうしたメモは、業者にも見てもらうと、自分たちの気持ちが伝わりやすくなるので、ぜひ実践してみてください。

 サンリツホームでは、リフォーム全体の相談から小さな修繕までいつでも受け付けています。便利になった住宅設備品などの最新情報などもお教えします。ささいなことでもぜひ気軽にご相談くださいね!

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117