入居者の退去後に行う原状回復工事|今の原状回復の常識 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月08日
入居者の退去後に行う原状回復工事|今の原状回復の常識

 賃貸住宅経営を営んでいる方であれば、入居者が退去した後に行う原状回復について悩まない方はいないのではないでしょうか。原状回復するための費用は、貸主が負担すべきか否か問題になっていますが、今の原状回復の常識はどのような見解があるのでしょうか?


 原状回復のための工事内容も併せてご紹介していきます。

原状回復は損傷箇所によって負担者が決まる

 原状回復義務の範囲は、物的範囲の問題と経過年数によって判断される場合があります。借主が負担すべきか貸主が負担するのか問題に発展することもあるので、それぞれの事情によって結論が変わるケースもあるでしょう。

【貸主が負担者になる場合】
・壁の画鋲やピン穴
・家具等の設置によるカーペットや床の凹み
・鍵の交換代

【借主が負担者になる場合】
・床や壁についた傷
・引っ越し作業時にできたひっかき傷

今問われている原状回復の常識とは

 今の原状回復の定義は、国土交通省による「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でまとめられています。ガイドラインには、「賃借人の居住や使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。


 今の原状回復の常識は、貸したときの状態に戻すということではなく、故意的に損壊したり、不注意で汚してしまったりした場合は毀損を直すという定義に流布されているようです。しかし、実際には無茶な請求を行う事例も多く裁判まで発展するケースも少なくありません。

経営戦略を踏まえての原状回復工事が必要

 原状回復にかかる費用の負担は、直接的に貸主を圧迫しています。立て続けに退去が重なってしまうと、リフォームしきれずに入居募集のタイミングを逃してしまうことも考えられます。ですから貸主側も、賃貸住宅経営の戦略を練り直さなければなりません。


 少ない費用でできるだけ高品質なリフォームを行う、平均的に仕上げるのではなく一部分に特色を出しアピールするなど退去者を出さないための施策に力を入れましょう。

 名古屋市周辺に賃貸住宅を経営している貸主様で、原状回復や市場環境の変化に合わせたリフォームを検討中の方は、サンリツホームまでお問い合わせください。資金不足が理由でリフォームを見送っている方は、家賃が下がっていく上支出が増えてしまうことは避けられません。


 サンリツホームは、早急・短期間・格安を解決するためのリフォーム施工会社です。貸主様が抱えているお悩みや要望を聞き取り、現在の市場に沿った最善の提案をお約束します。土日も営業していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117