外壁塗装業者の詐欺の手口とは?|名古屋にお住いの方必見 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年07月25日
外壁塗装業者の詐欺の手口とは?|名古屋にお住いの方必見

外壁塗装業者の営業を受けたことのある方も多いのではないでしょうか。

外壁塗装業者の営業の中には、詐欺のような手口を使ってくるものもあります。

 

今回は、外壁塗装業者のする詐欺の手口とその対策についてご紹介致します。

名古屋にお住いの方は必見ですよ。

 

 

■外壁塗装業者の詐欺の手口

 

 

⒈ 訪問営業してその場で契約を結ぼうとする

訪問営業してくる外壁塗装業者は悪徳業者の可能性が高いです。

というのも、ネット全盛の現代においては、訪問営業よりもWebや電話による集客の方が効率が良いに決まっています。

そんな中、訪問営業のような手段を取っているということは、Webサイトを開設することができない何らかの事情があるのではないかとも思えます。

 

訪問営業で押しかけてきて、他の業者と比較する時間を作らせることなく、契約まで持ち込んでしまうのは詐欺の手口の常套手段です。

実際は、訪問営業で来る業者よりも安く工事を請け負ってくれる優良業者も多く存在します。

訪問営業をして来る外壁塗装業者には注意するようにしましょう。

 

⒉ 巧みな営業トーク

自分の力で契約を取りに来るだけあって、営業をかけてくる人は話がうまいです。

話しているうちに、全く外壁塗装に興味がなかったのにも関わらず、危機感が湧いて来ることさえあります。
危機感を煽って来るのも悪徳業者がよく使う手口です。

 

「おたくの外壁にある、ヒビ、あれ放置しておくとほんとに大変なことになりますよ…ほんとに…」こういう話を繰り返し聞いていると、危機感が湧いて来るものです。

そして気づかぬうちに、契約してしまうこともあります。

 

 

■詐欺の手口にはまって契約してしまわないためにはどうすれば良いの?

 

 

⒈ ドアを開けない

話をさせる機会を奪ってしまえばいいのです。すなわち、ドアを開けないということです。

インターホン越しに、業者の姿が見えたら居留守を使ってしまいましょう。

なかなかいなくならないのでやきもきするかもしれませんが、業者にもノルマがあるため、いずれいなくなることでしょう。

インターホンで要件を聞いた上で断るのも、対面で断るよりはハードルが低いのでおすすめです。

 

 

⒉ 外壁塗装について学ぶ

「でも、ついドアとか開けちゃうんだよね…」というそんな優しい方もいらっしゃると思います。

そんな方は、営業トークに負けない力をつけるしかありません。話がうまくなくても大丈夫です。

 

営業マンに勝つ方法が一つだけあります。それは、外壁塗装に関する知識を身につけておくことです。

外壁塗装について知り、相場観を身につけておけば、相手のする話がどれだけ虫がいいかということや矛盾している点があることが、ありありとわかるようになります。

 

 

■まとめ

 

今回は、外壁塗装業者の詐欺の手口とその対策についてご紹介致しました。

悪徳業者には気を付けるようにしましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117