名古屋にお住いのあなたへ|防寒対策リフォームのすすめ | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年07月27日
名古屋にお住いのあなたへ|防寒対策リフォームのすすめ

「この部屋寒いな…」
「一階ってなんか底冷えするわね…」
と悩んでいる方はいませんか。

 

確かに、寒さが厳しい冬場などは家の中で冷えを感じることも多いです。

しかし、家の中はあったかくあって欲しいですよね。

 

そこで今回は、防寒対策リフォームについてご紹介いたします。

名古屋にお住いの方は必見です。

 

 

■防寒対策リフォーム

 

⒈ 窓の断熱リフォーム

防寒対策するにあたっては、家の中でどこが寒いのかを最初に特定してしまうことが重要です。

そして、冷えを感じることが多いのはやはり窓際です。

実際、窓から逃げてしまう室内の熱量は全体の48%であるというデータもあります。

すなわち、室内熱の半分は窓から逃げていってしまうのです。

 

このように、窓は外から光を取り込んでくるという重要な役割を担っている一方で、熱を逃がしてしまうというデメリットもあります。

そのため、窓の断熱リフォームは防寒対策のリフォームとして非常に重要な手段です。

まずは自分の家の窓の断熱性能がどのくらいかを確認してみましょう。

 

断熱性能はその家が建造された年代によって異なります。

目安となるのは、1999年の次世代省エネ基準を満たしているかどうかです。

これ以降、冷気の侵入を防止する複層グラスがその基準となりました。

 

では具体的にはどのような断熱リフォームがあるのでしょうか。

窓自体を交換する方法と、窓の内側になにかを取り付けるという二つの方法があります。

窓の内側に取り付けるものとしては、二重窓やスクリーンが挙げられます。

 

窓自体の交換には、ガラスを交換する方法や断熱窓に変えてしまうという方法があります。

そして、こうした断熱リフォームは、かかる費用のわりに効果が大きく、コストパフォーマンスに優れたリフォームになっています。エネルギーの節約効果もありますよ。

 

⒉ 断熱材を取り付ける

一戸建てにありがちなのが、一階が寒いというものです。

これには、一階は二階に比べて日当たりが悪いためあたたまりにくい、床下から冷気が入ってくるという二つの理由があります。

 

そんなとときには、床下に断熱材を設置するリフォームをおすすめします。

そして、断熱材を設置するリフォームは1日で済みます。

手間があまりかからないためオススメできる工事です。

 

 

■まとめ

 

今回は、防寒対策リフォームを2つご紹介いたしました。

家の中の寒さは、その悩みの重さに比して小さなリフォームで解決できることが多いです。

マイホームで冬の寒さについて悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

 

弊社でも防寒対策リフォームを多数請け負っております。

気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117