子供部屋の間取り変更リフォームの注意点とは?|名古屋の方必見 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年07月29日
子供部屋の間取り変更リフォームの注意点とは?|名古屋の方必見

「パパ、ママ、自分の部屋が欲しいよう!」
「〇〇とは絶対違う部屋がいい!」
と言われた経験をお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか。

 

子供の成長は嬉しいものです。その望みは叶えてあげたいですよね。

すると、成長に合わせて、子供部屋の間取り変更を考える方が多いのではないでしょうか。

 

今回は、子供部屋の間取り変更リフォームをするなら気をつけたいポイントについてご紹介いたします。

名古屋にお住いの方は必見です。

 

 

■子供部屋の間取り変更の方法

 

⒈ 壁を撤去するリフォーム

まず、子供部屋の壁を撤去するリフォームが挙げられます。

子供が成長するに従って、部屋を狭く感じるようになるのはよくあるケースです。

そのため、壁を撤去して、2部屋を1部屋にしてしまうリフォームは非常に有効な間取り変更の手段です。

 

⒉ 壁を設置するリフォーム

子供部屋が大きく、兄弟が一緒に使っていたような場合には、成長に従って自分の部屋が欲しくなる場合があります。

その場合は、間仕切りを設置する工事を行うことになります。

 

間仕切りを作る以外には、カーテンや引き戸を設置するという方法もあります。
間仕切りを作ると、明確に2部屋に分かれるというメリットがあります。

一方で、引き戸にすると、随時部屋の大きさを変えることができますので柔軟性の面で大きなメリットがあります。

 

 

■子供部屋の間取り変更リフォームの注意点

 

⒈ その壁撤去できません

壁を撤去する工事が有効であることを上で述べました。

しかし、家にある壁の中には撤去できないものが存在します。

 

家の構造は、柱で支えているタイプと、壁で支えているタイプの二つに分けることができます。
そして、柱で支えているタイプであれば、壁は比較的自由に撤去できます。

 

しかし、問題は壁で支えているタイプです。

壁で支えているタイプである場合で、こちらのタイプの場合壁の撤去は自由にできません。

家の構造自体に支障をきたす恐れがあるためです。

 

ただし柱で支えているタイプの場合であっても、耐力壁は残ってしまいます。

このように、壁を撤去するリフォームをする祭には、その壁が撤去できるか丁寧に確認しておく必要があります。

 

⒉ 業者選び

業者の中には、間取り変更工事が得意な業者とさほど得意ではない業者があります。

そのため施工例などをみながら、確認しておくのがおすすめです。

また、そうした点以外にも、間取り変更は相談すべき点が多いため業者の対応が丁寧かどうかという点も重要な指標になります。

 

 

■まとめ

 

今回は、子供部屋の間取り変更リフォームの注意点についてご紹介いたしました。

子供のためを思って行う工事はやはり確実に成功させたいですよね。

そのためには、業者選びも重要であることは先ほど述べた通りです。

弊社には、間取り変更の施工例も数多くあります。お気軽にお問い合わせくださいませ。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117