キッチンリフォームをすべき時期の目安とは|名古屋にお住いの方必見 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年08月02日
キッチンリフォームをすべき時期の目安とは|名古屋にお住いの方必見

「キッチンの〇〇が不満…というほどじゃないか…」
と考えている方はいらっしゃいませんか。

キッチンリフォームをするにあたって難しいのは時期の見極めです。

 

今回は、キッチンリフォームをすべき時期の目安について3つのポイントをご紹介いたします。

名古屋にお住いの方は必見です。

 

 

■リフォーム時期の大切さ

 

リフォームすべきタイミングの見極めは非常に重要です。

そのタイミングを逸してキッチンリフォームをしないでいると、大幅な交換・大規模な解体が必要になることがあります。

そうなると、1週間もの間キッチンが使えないことになります。

 

毎日ご飯を作る必要があるのに、キッチンが使えないというのは大変な事態ですよね。

そうした事態を招かないためにも、タイミングを見計らって、こまめにキッチンリフォームをしておくことは重要なのです。

 

 

■キッチンリフォームをすべき時期の目安

 

⒈ 耐用年数を気にしてみる

家の設備は、永遠に持つかのようにも思われがちですが、あらゆる設備には耐用年数があります。

そして、キッチンの耐用年数は10-20年ほどです。

そのため、キッチンを使い始めてから10-20年が経過していたらキッチンリフォームをすべき時期が到来しているといえます。

 

もっとも、使用頻度や使用法によっても耐用年数は大きく変動します。

そして、キッチン本体より先に、ガスコンロといったキッチン内部の設備の方が傷みやすいです。

そのため、先ほどの数字はあくまで目安としましょう。

 

⒉ キッチンの設備が故障した

排水のときに変な音がする、レンジフードから不審な音がするというようにキッチンの設備に問題が生じているときは、キッチンリフォームを検討すべき時期がきているといえます。

そうした異変を放置していると、後々大きな問題を引き起こすことがあります。

迅速に対応するのがおすすめです。

 

⒊ キッチンに不満を感じた場合

故障した場合も含まれるように思われますが、ここでいう不満は、キッチンがこうだったらいいのに…という類の不満です。

それには例えば、食洗機を導入したい、収納がもう少しキッチンに欲しい、といったような願望が挙げられます。

そのように、キッチンに何らかの願望要素が発生したならば、それはキッチンリフォームをすべきタイミングであるといえます。

 

 

■まとめ

 

今回は、キッチンリフォームをすべき時期の目安について3つのポイントをご紹介いたしました。

キッチンは毎日使うからこそ、不満を持ちやすい場所であると思います。

 

何らかの不満を感じたならば、家族や業者に相談してみることをおすすめします。

ストレスを抱えてする料理より、ストレスレスを感じることなく快適な環境でできる料理の方がおいしくできるのではないでしょうか。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117