フローリングの張替えについての基礎知識 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月26日
フローリングの張替えについての基礎知識

 長年暮らしていると気になるのが、フローリングの傷みや汚れです。フローリングを張替えようと考えた際に知っておきたい基礎知識についてご紹介していきます。

フローリングの張替えには2種類の方法がある

 フローリングの張替えには2種類の方法があり、一つはそのまま張替える作業、もう一つは重ね張りという方法です。張替えは今あるフローリングを全て剥がして入れ替える方法で、下地の確認ができることと床の高さが変わらないことがメリットになります。


 ただし工事の時間が長く、そして費用も高くなってしまうことがデメリットです。重ね張りの場合は今あるフローリングに新しいフローリング材を重ねて張るのみなので工事期間が短く、コストも抑えられます。また、床の厚みが増すことで強度が上がります。


 ただ湿度の高い日本では、フローリングが痛んでいると思っていたら下地まで傷んでいたというケースや、床が厚くなることで高さが出てしまいドアが開閉しづらくなる可能性もあります。

フローリング材はどちらにする?

 フローリング材にも種類があり、一つは合板フローリング材、もう一つは無垢フローリング材と呼ばれています。合板フローリングは価格の低さやデザインのバリエーションが多いこと、遮音性の高さや温度、湿度による変形が少ない利便性の高さなどがメリットになり、デメリットはホルムアルデヒドが放出されたり、深みが出なかったり、深い傷を修復するのが難しいといったデメリットがあります。


 無垢フローリング材は合板よりも高かったり、反りや割れ、汚れに対するメンテナンスが必要だったりすることがデメリットですが、断熱性が高いこと、湿度コントロールを床がしてくれること、ホルムアルデヒドが出ないことなどはメリットとなるでしょう。

マンションは規約に注意

 もし、フローリングの張替えをしたい場所がマンションの場合は、管理規約を必ず確認するようにしましょう。もしかしたら工事をする際に事前説明が必要となる可能性も高いです。遮音基準を満たしているか、組合の承認をとれるかどうかなど、しっかり相談してから契約するようにしましょう。

 名古屋を中心に営業しているサンリツホームでは、こういったフローリングの張替えについても相談を承っています。様々なフローリング材から最適なフローリング材のご提案もいたします。どんなことでもぜひお気軽にお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117