和室から洋室へリフォームする場合のポイントと注意点 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年06月27日
和室から洋室へリフォームする場合のポイントと注意点

 ライフスタイルに合わせてリフォームは行われますが、使用していない和室や使い勝手の悪い和室を洋室へとリフォームさせる家庭も多いです。ですが、リフォームを行う際には注意しなければいけないポイントもあります。リフォームを失敗しないためにも、あらかじめ把握しておきましょう。

防音について考える必要がある

 フローリングには様々なメリットがありますが、畳と比べると遮音性が低いと言われています。2階の和室を洋室にリフォームする場合には、足音や話し声が漏れやすくなってしまう可能性もあるので、遮音性の高い素材を使用するなど、防音対策が必要となるでしょう。また、強度に関しても劣っている部分があるので根太を補強するなどの対策が重要です。

壁のリフォームも必要になる可能性あり

 和室から洋室へリフォームする場合、床や扉だけではなく壁のリフォームが必要になる場合もあります。和室では土壁を多く使用している場合がありますが、費用を抑えるためには土壁の上から塗装仕上げをしていくことになるかと思いますが、土壁の状態が悪いのであれば壁のリフォームも必要となります。


 費用も上がってしまうので、土壁の場合は業者に状態を確認してもらいましょう。また、シックハウスについて考えているのであれば、土壁ではなく珪藻土であるとメリットも多いので、リフォームを機に変更しても良いでしょう。

扉についてもしっかりと考えよう

 和室と洋室では使用する扉にも違いあります。同じものを使用しているとバランスも悪いので、リフォーム時に変更する場合が多いかと思いますが、和室では引き戸が多いので思っているよりも大掛かりなリフォームになる可能性もあります。引き戸から開き戸にする場合、新しく壁を作る必要も出てくるので費用に関しても業者と相談しながら行っていくことが大切です。


 また、扉でも洋室の雰囲気に合う引き戸もメーカーによっては広く取りそろえているので、それぞれの部屋に合う扉を選ぶこともできます。和室から洋室へリフォームすることで部屋の雰囲気が変わるだけではなく、使い勝手も良くなるでしょう。ですが、上記のようなポイントを理解していないことで、生活に様々な支障が表れる可能性もあります。


 サンリツホームでは和室から洋室へのリフォームに関する様々な疑問や相談を承っておりますので、名古屋市周辺にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117