なぜ、介護リフォームで失敗が多いのか? | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年07月18日
なぜ、介護リフォームで失敗が多いのか?

 日本は高齢化社会でもあるので、高齢になったときのことを考えてリフォームについて考える必要があるとも言われています。ですが、しっかりと考えたにも関わらず介護リフォームが失敗してしまうことも多いのです。その理由とは何なのでしょうか?

 

介護リフォームの失敗例

 介護リフォームを考えるタイミングは同居している家族が高齢になったりするなど、家庭によって様々でしょう。ですが、将来自分が高齢になったときでも快適に安心して暮らせることを考えて介護リフォームについて考える人は多いです。


 足腰が弱くなるだろうと手すりを取り付けたり、段差を解消したりするなど介護リフォームには様々な種類がありますが、高齢になる前にリフォームをすることで失敗をしてしまう可能性は高いのです。


 例えば、高齢になり要介護の認定を受けた場合、症状によってはリフォームした箇所が全く役に立たない可能性もあります。車椅子生活になることを予想せずにリフォームを行ったことで、もう1度リフォームが必要になることもあるので、介護が必要になってからリフォームを検討しても遅くはないと言えるです。

介護リフォームの最適なタイミングとは?

 では、リフォームをするタイミングはいつが最適なのでしょうか?上記のように介護が必要になってから、介護の状態を把握できてから、などが当てはまるでしょうが、慣れることに時間が掛かることが考えられるのであれば、50代や60代のうちにリフォームをすることを考えてみましょう。


 例えば、和式トイレを使用しているのであれば洋式トイレに変えるリフォームをあらかじめ行っておくことで、使い方やお手入れの仕方も十分に覚えることができます。そのほかにも、エアコンや床暖房、IHなど設備を交換しておくことで慌てることなく生活を続けることができるでしょう。

介護リフォームのことならサンリツホームにお任せを

 介護リフォームは早めのうちから考えておくことが大切だと感じている人は多いかと思いますが、早めに実行し過ぎると失敗してしまう可能性もあります。年齢や要介護度に合ったリフォームをすることがポイントとなるので、焦らずにリフォームについて考えることが重要でしょう。


 名古屋市にお住まいの方で介護リフォームについて悩んでいる場合には、お気軽にサンリツホームまでご相談ください。必要になるであろうリフォームの種類についてもご提案させていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117