名古屋市で床リフォームを検討中の方必見!フローリングの特徴と種類とは?|名古屋のリフォーム業者が解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年08月09日
名古屋市で床リフォームを検討中の方必見!フローリングの特徴と種類とは?|名古屋のリフォーム業者が解説

お部屋の印象を大きく左右するフローリング。
多くの方が、フローリングを利用されているにも関わらず、フローリングの特徴などを知らないまま、利用されているのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では、名古屋市のリフォーム業者が、フローリングの種類・特徴と、見た目が似ているクッションフロアとの違いについてご紹介していきます。

 

 

□フローリングの種類

 

フローリングは、「単層フローリング」と「複合フローリング」の大きく分けて2種類に分けられます。

 

一般に、「単層フローリング」は、無垢フローリングと呼ばれています。

一方で「複合フローリング」は、多くの家庭で利用されているベーシックなフローリングのことで、多くの場合、フローリングと言えば、この「複合フローリング」のことを指します。

 

しかしながら、無垢フローリングや複合フローリングと言われても、多くの方にとって、その特徴や違いはご存じないと思います。
それでは、詳しい特徴についてみて行きましょう。

 

 

□フローリングの特徴

 

*単層(無垢)フローリングとは

無垢フローリングは、原料となる木を一本しか使用しておらず、その木を必要な寸法に切り取って、接着剤等を使うことなく、そのままフローリングとして使用します。

 

そのため、木の質感をそのまま感じられるものとなっています。

 

*複合フローリングとは

合板などから成る下地材である基材の表面を薄く切り取られた天然木の単板を張って作られたフローリングのことを指します。

 

また、天然木の単板の代わりに、化粧シートと呼ばれるものを使用している場合もあります。
そのため、無垢のフローリングに比べて比較的、色のバリエーションが豊富という特徴があります。

 

 

□クッションフロアとの違いとは?

 

クッションフロアはフローリングと比べて比較的柔らかい素材で作られており、防水性に優れているため、キッチンやトイレといった水回りを中心に使用されています。

 

そのため、フローリングに比べてペットや子供に優しい素材ですが、フローリングに比べると耐朽性に劣っていると言えるでしょう。

 

 

□おわりに

 

フローリングの種類や特徴について、名古屋市のリフォーム業者がご紹介しました。
フローリングにも種類があり、それぞれ違った材質や特徴があるということを知っていただけたと思います。

 

そのため、床のリフォームをされる場合は、これらの特徴や適切な使用場所を押さえた上で、ご家庭にあった快適な床リフォームを行いましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117