外壁塗装での詐欺の事例について|名古屋のリフォーム業者が紹介 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年09月06日
外壁塗装での詐欺の事例について|名古屋のリフォーム業者が紹介

これから外壁塗装を検討している方にとって注意しなければならないのが、詐欺です。
近年、外壁塗装業者を装った悪徳業者が存在しており、それによるトラブルの数も増えてきています。

 

悪徳業者の口車にうまく乗せられると、かなりの損をしてしまう恐れもあります。
そこで今回は、外壁塗装で詐欺に遭わないためにも、悪徳業者による詐欺の事例とその主な手口についてご紹介します。

 

□よくある事例について

 

外壁塗装の悪徳業者による詐欺のよくある事例には次のようなケースが挙げられます。

 

・前払い契約でお金を支払ったのに、工事予定日になっても業者が来ず、連絡が繋がらない。
・高齢の両親が口車に乗せられて外壁塗装の契約を結んでしまい、解約をしたいけれどクーリングオフができない。
・請求金額が相場よりも数倍高かった。
・屋根がかなり危険だと言われて心配になり契約を結んでしまったが、後に別の業者に見てもらったところ異常がないと言われた。この旨を伝えても解約ができなかった。
・はじめにもらった見積書に書かれた金額が請求されると思ったが、施工後に追加料金を請求された。
・外壁は三度塗りが一般的であり施工内容の説明でも三度塗りがされると書いてあったが、実際には一度しか塗られなかった。
・工事をしてもらったのに、すぐに塗装が剥げた。
・100万円引きという言葉につられて契約したが、100万円引きをした後の金額でも相場よりも高かった。

 

□詐欺の手口

 

上の事例からわかるように、詐欺を行う手口として次のような共通点が挙げられます。

 

・割引や格安という言葉を用いてお得感を演出する
・外壁・屋根が痛んでいるなどの不安を煽ってくる

 

こうした手法を用いて悪徳業者は騙してくる場合が多いようです。
大幅な値引きや不安を煽ってくるような言葉には気をつけましょう。

 

□騙されないためには

 

悪徳業者に騙されないようにするためのポイントには次のようなものが挙げられます。

 

・見積書を詳しく確認する
・前払いの業者とは契約しない
・その業者のホームページ・クチコミをチェックする
・クーリングオフ制度・アフターサービスがあるかをチェックする
・相場を確認して他の業者と比較する

 

これらの点に意識しておけば、詐欺に合う可能性をかなり抑えることができるでしょう。

詐欺なんて自分には関係ないと考えている方も多いかもしれませんが、いつ悪徳業者に遭遇するかわかりません。
そうした際に騙されないためにも、しっかりと見極めるポイントを意識しておくようにしましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117