外壁塗装にオススメの塗料「EC-5000PCM」 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年08月28日
外壁塗装にオススメの塗料「EC-5000PCM」

 外壁塗装はひび割れや雨漏れを防ぐための目的で施工することがあります。外壁に使用する塗料材の中には塗膜が自由に伸び縮みしやすいく、水の侵入を防ぐのに効果的な「EC-5000PCM」という塗料が人気です。


 そこで今回は、外壁のひび割れに強い「EC-5000PCM」についてご紹介しましょう。

通常の塗料に比べて伸縮率が6倍

 EC-5000PCMはアスティックペイントジャパンが販売する水性形一液防水遮熱ピュアアクリル系上塗料です。防水性や耐候性に長けており、遮熱効果もあるので外壁を長持ちさせることができます。EC-5000PCMのようなアクリル塗料は耐候性の低い塗料と言われていますが、これは可塑剤を入れることによって気化してしまうからです。


 可塑剤を入れることによって確かに塗膜は柔らかくなるのですが、おおよそ3~5年程度で硬くなってしまうのです。しかし、こちらの塗料材は可塑剤が入っていないため透明度が高く、水族館の水槽や飛行機の窓に採用されるほど耐久性のある素材となっています。600%の伸縮率によって、住宅に水を侵入させない独自の技術を完成させました。

高い遮熱性で夏場は涼しい

 EC-5000PCMに含まれるナノセラミック粒子によって、太陽光に含まれる近赤外線を放射して外壁への蓄熱を防ぐ効果があります。外壁によく使用されるる窯業系サイディングは、夏になると外部熱を吸収し表面温度が60℃以上の暑さになると言われています。鉄と一緒で温度が上がればサイディングが膨脹し、温度が下がると収縮する動きが見られるのでその分シーリングにも負担がかかってしまうようです。

 

 しかし、EC-5000PCMは特殊遮熱無機顔料を使用しているため、温度上昇の原因である近赤外線を反射する塗膜を形成しています。夏場室内温度が上昇することを改善し、生活環境を快適にしながら建物も長期的に保護する役割を持っています。

高性能な塗料で外壁塗装をするならサンリツホームまで

 屋根や外壁の劣化は高品質な塗料材で施工することによって、建物の寿命を長持ちさせることができます。

 

 名古屋市・名古屋市周辺エリアを対象とするサンリツホームは、高耐候性・高防水性・高遮熱性を実現した最高レベルの塗料を使用しています。経年劣化が進行した建物でも施工可能なので、雨漏り対策やひび割れ対策をされたい方は一度サンリツホームまでご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117